旧閑ガゼッタ

「ジネイの芸術的な決勝ヘディングは、松本J1昇格のハイライトになるのか?」J2第32節 アビスパ福岡-松本山雅FC

他チームよりも2試合消化が少ない状態で4位と、自動昇格圏が視野に入って来た福岡は4-4-2のフォーメーションで、若きエースである前田がアジア大会で負傷し、3試合勝利が無く暫定2位になってしまった松本は、おなじみの3-4-2-1でスタート。

序盤はホームの福岡が高い位置からプレスを仕掛け、ボールを奪ったら松本の3バックの横にあるスペースへとボールを素早く送る攻撃で、松本ゴールへと迫る。が、松本もシャドーのセルジーニョがバイタルエリアでパスを受け、そこからの攻撃で立て続けにシュートを放つ。

しばらくすると松本のほうがセカンドボール争いで優位に立ち、両サイドをまんべんなく使ったワイドな攻撃で攻め立てるも、福岡は篠原と吉本の両CBが集中を切らさず中で跳ね返し続ける。そして前半30分には福岡がカウンターからドゥドゥがドリブル突破、クロスは誰にも合わずシュートまで行けず。

すると前半34分、CKから流れたボールが吉本の前に出て来て、完全ドフリーで合わせるも松本GK守田が片手一本でスーパーセーブ。その後は逆に福岡のペースとなり、松本が自陣に5-4のゾーンを引いてしっかり守る展開が続いて前半を折り返す。

後半も福岡の猛攻で始まり、PA内から2度ほどシュートを打つ場面を作ったが松本の体を張った守備に防がれる。しかし松本も12分に高崎がファールを受けた後のFKから相手が触ったボールがゴールをわずかにかすめる決定機。

その後も一進一退の攻防が続く中、後半27分に勝敗の行方を左右する場面が訪れる。福岡のFKからドゥドゥが押し込んでゴールを決めたに見えたが、微妙な判定だったがヘディングの際に相手を押したとしてファールとみなされ、結局ノーゴールになってしまう。

試合はスコアが動かないままに後半32分に突入、ここで福岡は城後、松本はジネイとFWを投入。その直後に福岡は輪湖の柔らかいクロスからユ・インスが頭で流すもわずかにゴールを外れるチャンスを作る。

後半41分に松本の反町監督はセルジーニョに代えて岩上を投入、アウェイで勝ち点1でも良しとする采配をしたと思ったが、それも虚しく43分に福岡は相手ゴール前での連続攻撃を浴びせるが、松本は守田と守備陣が何とか体を張って防ぎ切ったものの、その後も福岡にセカンドボールを拾われて防戦一方。

ところが後半ロスタイム、センターサークル付近から岩上がアバウトに蹴り出したFKにジネイがヘディング、これがゴール右隅に飛び込むスーパーゴールとなって松本が劇的な勝ち越しゴール。福岡は最後にレオミネイロからのロングスローに山瀬が合わせるも守田の正面、そして試合終了。

非常に緊張感のある好ゲーム。福岡は運が無かった。昇格するチームにはこういう不思議な勝ちが必要。もし松本が昇格したとしたら、ターニングポイントと見なされる試合だったのではないだろうか。