旧閑ガゼッタ

「ブラジルは、ベルギーに火を付けた日本を恨んでいるかも」ロシア・ワールドカップ 準々決勝 ブラジル-ベルギー

ロシアW杯準々決勝の2試合目は、メキシコにきっちり勝ってベスト8へ進んだブラジルと、ご存知のように日本に逆転勝ちしたベルギーという優勝候補同士の対戦。

ブラジルはカゼミーロが出場停止、代わりは予想通りのフェルナンジーニョでマルセロが左SBに復帰、ベルギーは日本戦で交代に入ったフェライニとシャドリが先発。

ベルギーのフォーメーションは日本戦とは異なり、ムニエが右SBに下がり、中盤は左からシャドリ、ヴィツェル、フェライニが並び、前線はアザール、デ・ブルイネ、ルカクを並べた4-3-3になっていた。

この狙いとしては、マルセロにルカクを当ててオーバーラップを牽制、ネイマールを孤立させてムニエの運動量で右サイドで数的優位を作る事。カゼミーロに比べると守備力が落ちるフェルナンジーニョの両サイドにできるスペースを、フェライニとシャドリ、デ・ブルイネの3人で崩すというものだろう。

しかし最初のチャンスはブラジル。前半8分にネイマールのCKをミランダがそらし、ニアでフリーになったチアゴ・シウバが体に当てたボールがゴールポストに当たって得点ならず。ベルギーもその直後に鋭いカウンターを仕掛けてジャブを返す。

そのカウンターでちょっと怪しい対応を見せたフェルナンジーニョだったが案の定不安が的中、前半13分にベルギーが左サイドで放ったCKに対し、ニアで飛んだコンパニがブラインドになってボールがフェルナンジーニョの頭に当たって綺麗な形でオウンゴールが決まってしまう。

ベルギーはブラジルのCBがボールを持ってもほとんどプレスをかけず、守備時は4-1-4-1でコンパクトなゾーンを作ってパスの受け手だけを狙ってサンドイッチ、ネイマールに対してはフェライニが高さとリーチでフィルタリングと、ブラジルはなかなかアタッキングサードで自由にプレイが出来ない。

すると前半30分、ブラジルのCKからベルギー必殺のカウンターが炸裂、中央でルカクがドリブルで持ち上がるとパウリーニョと競りながらデ・ブルイネにラストパス、マルセロがムニエのマークと迷った間隙を突いてデ・ブルイネが狙いすましたミドルをファーサイドに決めてベルギーが2点をリードする。

思わぬビハインドを負ってしまったブラジルは、そこからサイドを高く上げてボールを支配、ベルギーのゴール前で左右に振ってのサイド攻撃という得意のパターンで攻め込むが、35分にジェズスがフリーでヘッドも枠に飛ばせず、コウチーニョ得意の左45度からのミドルもクルトワがセーブされ前半をノーゴールで折り返す。

後半になるとブラジルはウィリアンに代えてフィルミーノを投入、2トップがネイマールとフィルミーノ、前線で基点になれなかったジェズスを右SHにした4-4-2にフォーメーションを変更する。

ベルギーは当然守備固めを図るんだけど、ただ人数をかけてベタ引きにするんじゃなくて、自陣には4-3のゾーンを引いてサイドはある程度自由にはさせるけど中はガッチリ固める。そして攻撃にアザールとデ・ブルイネ、ルカクの3人を残し、個人で勝負できる彼らだけでカウンターを仕掛ける形にしたのが戦術的なポイントだった。

ブラジルは後半12分にジェズスを下げてドゥグラスコスタをサイドに置き、ベルギーの薄いサイドを個人技で崩しにかかるが、ベルギーも16分にデ・ブルイネからアザールのシュートと危険な攻撃を繰り出す。

そしてスコアが動いたのは後半31分。ブラジルがセカンドボールを拾い、この試合はほとんど存在感が無かったコウチーニョの浮き球パスに、3人目の交代で入ったレナト・アウグストがヘディングで合わせてブラジルが1点差に迫る。レナト・アウグストは35分にも中央でフリーな状態からシュートを放つも枠外へ。38分にはネイマールの突破からコウチーニョが合わせるもヒットせず。

後半のロスタイムは5分、ブラジルは必死でネイマールがPA内でファールをもらいに行くも取ってもらえず、4分にドゥグラスコスタからのパスをネイマールがボレーで合わせるも、ベルギーGKクルトワがスーパーセーブ、そしてそのまま2-1で試合終了。日本を破ったベルギーがブラジルにも勝ってベスト4へと進出した。

ベルギーの勝因は、何よりも先制点をゲットした事に尽きるが、ブラジルに対するベルギーの戦術プランが当たった事も大きい。特にフェライニは陰のMVPと呼べる働きで、ブラジルの強力な左サイドをフィジカルで封じ込めた。そして2つ目はブラジルのコンディション。守備の要であるカゼミーロの代わりをフェルナンジーニョが果たせなかったのと、グループリーグでの救世主だったコウチーニョが不調で、ネイマールやジェズスといった攻撃陣が最後まで調子が上がらなかった。

それに比べるとベルギーは全員が好調、グループリーグまではまとまりきれていない部分も見られたが、各選手が好調な上にサブのフェライニとシャドリがレギュラーに昇格、日本との激戦で一気にチームの一体感が生まれた感がある。準決勝のフランス戦は間違いなく今大会最大のカードと言えるだろう。