旧閑ガゼッタ

「最終予選の魔物を侮っていたハリルホジッチ」ロシアW杯アジア最終予選 グループB 日本-UAE

やっぱり最終予選は選手も監督も狂わせるのか。

試合前の展望で、大島の使い方が試合のポイントになると書いたのだが、ハリルホジッチは彼を先発で起用して来た。おそらく狙いとしては、柏木の代わりにパスを出せる選手という事で起用したのだろうが、そのギャンブルは完全に裏目へと出てしまった。

PKを与えたファールの場面や、守備で寄せきれない弱さ、パスの弱さなど明らかに試合に入りきれていなかった。そしてもっと痛かったのは、大島はサイドに散らすよりも真ん中を使おうとするので、もとから中にどんどん入りたがる本田や香川と一緒に、相手を揺さぶるよりも中で細かく崩そうとする「自分たちのサッカー」に拍車がかかってしまった事だ。柏木は意図的に左右へ散らせていたので自分たち度は薄まったのだが、彼が抜けた穴は想像以上に大きかった。

ハリルホジッチにしてみたら、そんなサッカーなんかやるつもりは毛頭なくて、戦術できちんとサイドを使った攻撃を練習してきたのだろう。だが香川と本田に染み付いたザックジャパンの習慣はそう簡単には取れるはずは無かった。清武を下げて宇佐美を入れたことで足元サッカーの度合いはますますアップ、浅野が入った事で少しはシンプルな攻撃も出だしたが、時既に遅しである。ザックジャパンじゃないが、ここまで最後はクロスに頼るならハーフナー・マイクは必要だったね。

戦術と選手のクォリティだけではプレッシャーのかかる最終予選に勝つことは出来ない。ゲームプランが根底から崩れる事も想定して選手を選び、準備をしないといけない。今回の試合でハリルホジッチがそこに気づいて修正ができるのかどうか。

とは言え、ここからタイ戦に向けてどう立て直すかという点についてだが、柏木が復帰できないと正直厳しい。タイも同じように日本に対して固く守ってカウンターを狙うだろう。暑さはより厳しくなり、ホームチームに有利へと働く。個人的には、本田と香川はどちらかを起用し、清武を中心にしたチームに作り変えるべきだとは思うのだが・・・さて追い込まれたハリルホジッチはどういう手段を取ってくるのだろうか。