旧閑ガゼッタ

「たまには楽に勝ってみるのもいいよね」ドイツ・ブンデスリーガ第32節 ボルシア・ドルトムント-ヘルタ・ベルリン

残り3試合でリーグ9位と、ヨーロッパリーグ出場権を獲得するためにはもう負けられないドルトムントはホームでヘルタ・ベルリンと対戦。

ヘルタ・ベルリンは、今や代名詞となっているコンパクトなゾーン・ディフェンスを敷いて来て、ドルトムントはオーバメヤンのポストプレイに相変わらず工夫が無く、香川には主にヘルタのシェルブレがきっちりマークに付いており、カンプルはボールを持つとミスをするし、ギュンドアンのプレイにも切れがなくて攻撃の組み立てがなかなか出来ず、これは結構ドルトムントは苦労するかもしれないと思わされた。

が、前半9分にCKからフンメルスの動きにマークが引き寄せられてしまった事でスポティッチが完全フリーになってヘディングゴール。これでヘルタはみすみす苦しい展開を招いてしまった。

ヘルタの悩みもドルトムントと似たようなところがあり、カルーがポストプレイで役に立たないのでサイド攻撃が頼りなのに、ドルトムントの攻撃力に対してゾーンが低く押し込まれて原口もほとんどSBのようなポジションになってしまって前になかなか出て来れず、サイドでボールを持ってもドルトムントのゲーゲンプレッシングであっという間に2人の選手に囲まれてボールを奪われてしまう、以下繰り返しという有り様。

まだ残留争いに引っかかっているヘルタは失点した事で攻勢に出るかと思われたのだが、15位のフライブルクとの3差という得失点差を気にしてかそれほど前には出て来ず。そして後半開始早々にドルトムントのドゥルムがまさに前の試合でトラオレに食らったようなカットインからのシュートを決められて2点目。これでほとんど試合の趨勢は決まってしまった。

香川については、目立ったシーンといえば1度カウンターからのドリブルでパスコースは沢山あったが自分でシュートを撃って大きく吹かしてしまったのと、最後のほうでGKと1対1になる抜け出しはあったが間合いを詰められてシュートを防がれた(メッシじゃないしね・・・)場面ぐらいで、基本的にボールがあまり来なくてなかなか目立てず。主に前線からのプレス担当という地味な役割で貢献したかなというところ。

原口は、2~3度精度の高いパスはあったけどボール持つとすぐドルトムントの選手に囲まれ、また守備に戻る繰り返しでこちらも目立てず。後半はかなり疲れたようで84分にロニーと交代のお疲れ様。

今節はホッフェンハイムが敗れ、ブレーメンが引き分けたのでドルトムントは7位に浮上。いよいよヨーロッパリーグ圏内に入って来た。次のアウェイでのヴォルフスブルク戦で勝てれば、ヨーロッパリーグに向けて大きく前進する事になる。頑張って欲しいね。