旧閑ガゼッタ

「香川は前半のみ、チームは敗れる」イングランド・プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド-WBA

イングランド・リーグカップでのリヴァプール戦勝利という結果が評価されたか、WBA戦ではリーグ戦初先発となった香川だったが、前半のみの出場で後半はヤヌザイと交代、チームは後半に2得点を奪われて1-2で敗戦と、日本人のサッカーファンとしては何とも残念な試合になってしまった。

前半の香川は、左SBがビュットナー、左CHがアンデルソンという完全サブメンバーで、DFラインもWBAのプレスを受けてまともにパスが回ってこない中、サイドへ中へと色々とポジションを変えながらボールを受けようと動きまわり、真ん中で受けてのシュートはヒットしなかったものの、アンデルソンの惜しいシュートを生み出すクロスを上げたりとチャンスメーカーとしてある程度機能しているように見えた。

しかし後半から出場したのはヤヌザイ。彼はボールを前向きに持った時には切れのあるドリブルやアイデアは見せるものの、基本的にはサイドに張って待っているタイプなので流れから消えている時間が多く、後半はとたんにマンUのポゼッションが落ちてしまい、WBAに奪われた2点も、ヤヌザイのいる左サイドでのミスから持ち込まれて失ったもので、監督の采配としては完全に裏目へと出てしまったのは間違いない。

最近、日本人選手のポジショニングに関するコラムを書いた時にちょっとボカして書いたのだが、やはりモイーズは選手が自分の持ち場を離れてプレイするのをかなり嫌う監督なんだなと自分の中で確信的になりつつある。そうでなければ、以前に比べるとサイドに居ることが多くなったはずの香川よりもヤヌザイを選択する理由が考えられない。

まあ、こればっかりは愚痴を書いてみてもしょうがない。欧州サッカー、それもビッグクラブとなれば理不尽で不可解な立場に立たされるのは日常茶飯事であり、そんな中でも結果を出して評価されて行かなければスターの座を手に入れることは出来ない。こういう経験が、また香川にとっては成長の糧になってくれるはずと信じている。とりあえず今年いっぱいまでは(笑)。