旧閑ガゼッタ

「バルサとバイエルンの王朝交代」UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝第1レグ バイエルン・ミュンヘン-バルセロナ

ともにリーグを独走している、欧州最強クラブと目されるチーム同士の注目の対戦は、ホームのバイエルンが4-0という予想外の大差で圧倒的な優位に立つ勝利で前半を折り返した。
試合内容は、巷で言われているほどバイエルンが圧倒していたわけではなく、最初の2点はともにCKから高さを活かしてねじ込んだものだし、その後も2点もカウンターから決めた得点なので、強さというよりも確実にチャンスをものにした勝負強さが際立っていた。
それよりも驚かされたのは、バルサの選手層の薄さと集中力の欠如である。一発レッドカードをもらっていてもおかしくない、ジョルディ・アルバがロッベンの顔にボールを投げつけたシーンに象徴されるように、世界ナンバーワンサイドバックのラーム、そして急激にワールドクラスに成長したアラバを揃えるバイエルンと比べると、バルサのサイドは明らかに見劣りしていた。
何より、今やバルサの得点力を一人で支えるメッシは怪我の影響で明らかに調子が悪く、いつものようにバイタルでボールを受けて急加速というシーンはほとんど見られず、守備を全くしないでサイドへと逃げては怖さのない攻撃に終始し、クロスを上げてもダンテやボアテングに高さで勝てるはずもなく、控えのゴメスやロッベンがきっちり仕事をしたバイエルンとは層の厚みの差を見せつけられてしまった。
そして先制点ではピケがボールウォッチャーになってミュラーを見失い、3点目は倒れた選手に気を取られてロッベンへのマークを外してしまって角度の無いところから決められるという失態、4点目は覇気なくただカウンターに対して追いすがるだけと、これが2年前は圧倒的な強さで王者となったチームか、というぐらいに情けない精神力だった。
ただ、前の試合でミランと対戦した時も、アウェイで0-2と負けてしまって危機説を招いたもののホームでは4-0と圧勝で逆転を決めたように、これからメッシが絶好調になればまだ逆転の可能性はゼロではないように思う。この悔しさから立ち直って、負けるにしても王者らしいプライドを見せた第2レグを見せて貰いたいものである。