旧閑ガゼッタ

「Fマリノスの連勝がとうとう止まる」J1第7節 アルビレックス新潟-横浜Fマリノス

開幕からリーグ6連勝と、Jリーグ記録を作る勢いだった横浜Fマリノスだったが、現在は下位に沈んでいるアルビレックス新潟とのアウェイ戦でとうとう敗戦を喫してしまった。
しかも、新潟はラッキーや奇襲で勝ちを拾ったというわけではなくて、真っ向勝負のがっぷり四つでもぎ取った勝利だけに価値があると言える。まあ、逆に言えばそういうサッカーしか出来なかった新潟に対して、横浜もそれを交わすだけの戦術的は幅が無かったと言うべきではあるのだが。
その新潟がやったプランは、とにかく徹底してプレスをかけ続けること。マルキーニョスにはCBがタイトなマークで基点を作らせず、横浜のまさしく大黒柱である中村俊輔には、三門とレオ・シルバのボランチがマンマーク気味に張り付き、中村は怪我明けだった影響もあってかセットプレイも不発。この試合では新潟にほとんど仕事をさせてもらえなかった。
攻撃のセンターが機能しないと、齋藤と兵藤のサイドも後ろで仕事せざるを得ず、それに釣られてSBも押し上げが出来なくなって、セカンドボールも新潟に拾われる場面が多かった。最後にあったゴール前での混戦からマルキーニョスが至近距離からのシュートを打ち上げてしまったのが入ってればだが、まあこの試合は新潟を褒めるべきだろう。
とは言え、新潟も岡本が香川ばりにシュートフェイントからのゴラッソゴールを決めたから良かったものの、前線での基点作りがベテランの田中達也頼みになってるし、ロペスが交代してからは余計にドタバタ感が増してしまったし、攻撃陣にあまり得点の香りがしないのはちと厳しい。夏場に運動量が稼げなくなったところで、いかにして勝ち点を拾えるようになるかが今後の鍵なのではないだろうか。