旧閑ガゼッタ

「ようやく信頼を勝ち取ったか?」イングランド・プレミアリーグ ウェストハム・ユナイテッド-マンチェスター・ユナイテッド

前節のストーク戦でフル出場を果たした香川は、ミッドウィークのウェストハム戦でも左SHで先発。2回もリードを許す苦しい試合展開の中で、結果としてはドローに終わったものの、香川の2アシストで追いつくという活躍を見せた。
今までの起用法を考えると、過密日程の中を2試合連続で先発をした事は率直に言って驚きだったが、実際に試合を見てみると、いきなりのファーガソン監督の翻意も納得できる、堂々としたプレイぶりだったので二度驚いた。
まず大きな違いとしては、1つ1つのプレイに落ち着きが出て来た事。以前であればフィジカルコンタクトを避けるあまり、やたらと細かく動いてフリーになろうとし、パスを受けても体勢が悪ければすぐリターンしたりして、とにかくプレイが落ち着かずせわしなく、周りの選手とのリズムが合ってない印象だった。
しかしこの試合では、ウェストハムが4-1-4-1で4-4-1-1のトップ下にいるルーニーにマークの重点を置いていたために、1ボランチの両サイドにスペースがあって香川がプレイしやすい環境だったとは言え、ボランチ・バイタル・相手のDFラインとポジショニングを大きく変えながら、どの位置でもしっかりボールを呼び込んでプレイ出来ており、味方にとっても分かりやすいターゲットになる事が出来ていた。
ただ、マークのせいかファーガソンの圧力のせいか(?)、ルーニーはCHの位置まで下がってプレイする事が多かったのだが、どうもそこからだと決定的なパスを狙ってしまいたがるようで、キャリックほどにはリターンパスをもらえていなかったのはちょっと気になる。まあ、ドルトムントの時はシャヒンやギュンドアンとも最初は息が合わなかったので、この形を続けていると勝手にフィットするとは思うが・・・
そして白いアウェイユニフォームだったので余計にそう見えるのだろうが、明らかに体がゴツくなって相手を背負ったままでボールキープ出来るようになり、守備でもフィジカルコンタクトを厭わず体を張った守りが出来るようになっており、もうどこから見ても立派なプレミアリーガーだと言える。
まあ、1失点目につながったポストからのバックパスミスや、自陣で不用意なパスミスや危なっかしいボールキープなどのミスは多かったが、それは対人を厭わなくなったがゆえのミスであり、嬉しい宿題をもらったというべきだろう。怪我もあってちょっと予想よりも遅い覚醒になったが、次はアーセナルやチェルシー相手に結果を出してシーズンを終えて欲しいね。