今日の戯言

まあ西野監督も相変わらずと言うか・・・
常にJ1上位という結果を出している西野監督について文句を言うのはおかしいと言われるかもしれませんが、やはり試合を見る限りではボランチでの宮本は適材適所だと言えないのは明白です。シジクレイが強力なのは確かですが、組織的な動きを重視するというよりは一人の判断で動くタイプですし、その両サイドのCBが強力なストッパーってわけでもないので、シジクレイがつり出された時はたいていピンチになってますからね。
つーかぶっちゃけ、代表で宮本センターの3バックがうまく行ってるんだから、その通りにしときゃいいんですよ。つまり、中澤役のシジクレイをストッパーにして宮本がカバー、ボランチは汗かき役を一人入れておいて、組織作りは宮本に任せる。ボランチには代表でやってる遠藤もいるんだから監督は楽なもんですよ。それなのに、選手との衝突も辞さずに自分のやり方を押し通すんだから不思議な人ですよね。だいたい、ただでさえ客が少ないのにツネ様ギャルを失ってもいいんでしょうか。はっ、実はツネ様ギャルよりも西野ギャルの方が多いというフロントの見解だったりして・・・(笑)
まあ、大分からのこんなニュースを見ても、フロントがえらいこっちゃなのは関西だけの問題ではないようですが・・・
そしてガンバつながりで、稲本は何をしているのかと見ると、相変わらずトップチーム出場をダメ出しされているようで。これもぶっちゃけ、今までの経緯からして稲本が練習だけで「プレミアリーグでプレイするレベル」になるのを待っていたら今期は終了してしまうと思うんですが(苦笑)。プレミアのCMFとしては運動量や判断力が足りない部分を、ミドルパスの精度やゴール前での勝負強さにかけるつもりで使わないと無理ですよ。とにかく、チャンスが与えられたらもちろん、与えられなくてもリザーブリーグなどで結果を出し続けるしか無いでしょうねえ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする