今日の戯言

やっぱり三木谷氏はマジだったのか・・・
自分で書いてて、マジをマゾに読み間違えそうになりましたよ(笑)。いや正直、彼を呼んで来ても3ヶ月で解任の可能性は7割はあると思っているのですがね。
土曜日のガンバの試合を見ても思ったのですが、やはりいくら監督の戦術を浸透させるメソッドが優れていたとしても、選手がそれに耐え得るレベルに無ければ、破綻の道を一直線に進んでしまうだけになりますからね。サカマガWEBにジーコと岡ちゃんの会談がアップされてますが、これまで代表がそれなりの結果を出しているのも、ジーコの豊かな経験則を咀嚼できる選手達の経験があってこそですし、全国から選手を選べるユース代表でさえ大熊サッカーの実践に四苦八苦しているのを考えると、選手層の薄いJチームでは余計に監督選びは慎重に考えないといけません。
ガンバにしても、遠藤や宮本、山口、二川といった運動量よりもテクニックが売りの面子が多い事を考えれば、やはりプレスサッカーよりもポゼッションサッカーの方が合っているとは思いますし、優勝した浦和にしても、エメルソンや田中、永井の個人技ばかりが話題になりますが、長谷部や鈴木の運動量、闘莉王やアルパイの積極的な前へ出る守備があってこそですからね。
Jリーグもレベルが向上し、監督の戦術やポリシーと、選手の量とクォリティ、その両者のコミュニケーション、そして最後にサポーターの後押しと、四拍子揃ったチームでないとJ1で優勝することは難しい時代になって来たように思いますね。
あと、エスパサポの才谷さんの「へちま」を登録リンクに追加しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする