今日の戯言

今日は、毎度おなじみの宇都宮さんの天皇杯仙台レポートを紹介。
まあ、マスコミでは「楽天で仙台は熱く燃えている」などといった煽り文句が始終流されているわけですが、J2残留が決まってしまったとは言え、10586人の観客は土日の天皇杯で最も多いわけですから、特に阪神帝国の関西に住んでいる私のような人間から見ると、仙台のサッカー熱はうらやましい限りです。その、地方のサッカー熱を後押ししているわけでもないでしょうが、天皇杯4回戦で登場したJ1の7チームが早速敗退してしまったようですね。
「天皇杯のある年末は契約更改を控えていて精神的に難しい時期」などという言い訳を並べながら、それ以上に不安定な立場にいるJ2やアマチュアチームにコロッと負けるJ1チームのふがいなさもさることながら、香川のこういうニュース記事や昨日の草津なんかを見ても、元J1の選手やJチームのユースからトップに定着できなかった選手がたくさん頑張っていて、やはり日本サッカーの裾野と層がさらに大きくなっているのを改めて感じますね。
アルゼンチンとのフットサル代表壮行試合も盛り上がったようですし、代表の最終予選もどうせ安泰にはならないでしょうから(苦笑)、マスコミの煽りに負けずに(?)サッカー人気が地道に定着していって欲しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする