「ミシャダービーは浦和が制す」J1第32節 浦和レッズ-サンフレッチェ広島

残り3試合と、とうとう佳境に入って来たJ1。その中でも、浦和対広島という現在首位と3位同士、しかも両チーム共に現浦和監督のペトロビッチが創りあげてきたチームという注目の対決は、ホームの浦和が2-0で本家に軍配が上がった。
しかし試合内容自体は、完全に3-4-2-1のマッチアップという事で主に局面同士の戦いになり、どちらに転んでもおかしくない戦況がコロコロ変化するめまぐるしい試合ではあったが、そこを浦和が制したポイントとなったのは2点。
1つは、やはり優勝争いの緊張があったのか、前半の広島にはかなりの硬さが見られ、いつものような前線でボールを持った選手を追い越していく「ミシャサッカー」が見られず、主に佐藤の飛び出しだけに頼る単調な攻撃と、受けに回る守備になってしまった事。こうなると完全マッチアップの試合では単純に自陣に寄ったチームのほうがピンチが増えてしまう。
そして2つ目は個の力。浦和の1点目は、中田旅人もビックリな鈴木啓太からのロングスルーパスを梅崎がワントラップから決めたもので、2点目はまたも鈴木啓太が広島DF千葉のスライディングを華麗に交わしてからの直接ゴールと、まさかのと言っては失礼かもしれないけど、スターとなる選手が現れたのが大きかった。
逆に広島は、後半は怒涛の攻撃を見せたのだけど、寿人のヘディングが惜しくも決まらなかったりと運が無く、高萩と森崎浩司、ミキッチという主に2列目で攻撃のアクセントとなる選手の出来がいまいちだった事も響いてしまった。
しかし、裏の試合で仙台が鹿島に追いつかれて引き分けで終わったために、広島と仙台の差は1と縮まったがまだ広島が首位に立っている状況。浦和は広島と2試合で勝ち点6の差だが、得失点差が大きいので優勝はほぼ不可能。同勝ち点の4位名古屋とのACL枠争いがこれからの焦点である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする