「1-12から1-4」フットサルW杯グループC 日本-ブラジル

カズがW杯メンバーに入ったという事で非常に注目が集まっているフットサルW杯。
自分も、フットサルを何か語れるほど詳しくないし、戦術なんかも何が何だかさっぱり分からないんだけど、展開がスピーディなのでついつい引きこまれて見てしまう魅力があるなと思った。
試合は、前半は日本が粘りの守備でブラジルを1点に抑えていたのだけど、後半にミスから立て続けに失点を許しての敗戦。でも、前回の対戦は1-12の惨敗だったし、何とか1点を返して3点差に留めた事でグループリーグ突破に少し希望を持てる試合だったのかなと。
あと、試合を見ていて興味深かったのは、フットサルでも11人制サッカーでも、日本とブラジルの実力差がよく似た部分に現れているところ。
日本は、良い形でボールを奪えるとそこから組織的な動きで一気にゴール前まで行けるんだけど、そこからフリーでシュートまで持っていけるアイデアが足りず、相手が守備に人数をかけている時は、とりあえずボールを足元で止めるんだけど、トラップやボディシェイプの方向が次のプレイに繋がっていなくて、コースを切られるとバックパスを選択してしまう。
逆にブラジルの場合は、守備はそんなにプレスを強くかけずにある程度相手にボールを持たせ、わざと隙を見せるような感じで誘い込み、ミスを逃さず一気に詰めてボールを奪うと、流れるようなコンビネーションでシュートまで持って行く。
つまり、ボールを受ける前から次のプレイや先の展開、コンビネーションがチームメイトと出来上がっているような状態で、日本とはイマジネーションの共有という面で、広さも深さもレベルが桁違いである事を痛感させられた。まあ、それはこの前の親善試合で嫌というほど思い知らされた事なんだけどね。
カズについては、上手さは他のメンバーよりもあったんだけど、いかんせん体がフットサルに求められるアジリティについて行ってない感じはしたね・・・でもカズのプレイを見ていて、全盛期のカズと小野、松井、中村俊輔、香川がいたらブラジルにも勝てるんじゃないかとつい妄想してしまったよ(笑)。
次は大エースのリカルジーニョがいつポルトガルで勝敗という点では厳しいだろうけど、グループリーグは得失点差で3位まで可能性が残されているので、今度は負けない戦いを徹底して欲しいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする