「フェライニにはイーブンだったが・・・」イングランド・プレミアリーグ エヴァートン-サウサンプトン

今日はこれから運動会があるので、印象だけをさくっと。
現在、おそらくCBにとって世界で5本の指に入る嫌なマッチアップである、エヴァートンの”アフロ”フェライニと対峙することになってしまった吉田だったが、フェライニは吉田にイライラしたのか途中で体をつかんで投げ飛ばす(何故かファールは取られず)場面もあったりして、勝ちというわけではなかったがまずまずイーブン程度には健闘出来ていたのではないだろうか。
そしてビルドアップは相変わらずの冴えを見せ、足元のフェイントでプレスを交わしたり、偶然かもしれないが苦しい体勢からのロングボールもきっちり味方FWに渡るし、プレミアリーガーらしい勢いに乗ったオーバーラップを見せたりと、もはや誰もレギュラーであることを疑わないであろう堂々としたプレイぶりだった。
ただしチーム全体の守備としては完全に崩壊。特に吉田のサイドのクラインのザルっぷりがあまりに酷く、マークについていながら楽々とクロスを挙げられるし、中盤とコンビを組んで2対2で対峙してさえ、まるでパイロンのように間をスコスコと抜かれる始末で、これでは吉田がいくら頑張ってもどうしようもない。
そしてCHもだいたい両方上がってしまっている事が多く、普通であればどちらか1枚が後ろに残って、CBと片方のSBとしっかりパックしてブロックを作るものだが、後ろの人間は皆均等に並んでいるだけなのでチームとしてのフィルタ機能がほとんど働いていない。
まあ、それでも攻撃に関しては好調で、この試合では得点こそ1しか挙げられなかったが、ラミレスが決定的なチャンスを少なくとも2度は逃していたので、その3倍はエヴァートンにチャンスが有ったとは言え(笑)、攻撃の内容としては悪くなかった。
しかし吉田も、プレミアに来てまでVVVのようなザルディフェンスのお世話をすることになるとは思わなかっただろうね(苦笑)。個人としては好調なのが救いだけど、五輪代表でもやったように何とかチームメイトとコミニュケーションを取ってザック流守備組織を根付かせてほしいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする