「着実に進化する香川」欧州CLグループH マンチェスター・ユナイテッド-ガラタサライ

どうも今朝のELで長友がロスタイムに同点ボレーを決めたらしいけど、当然ながらリアルタイムでは試合を見ていないので、まずは香川が決勝点になるアシストを決めたマンUの試合を。
前に出場したサウサンプトン戦ではあまり良い所がなく、代表で怪我をして一度ベンチに回った後の試合だったので心配したが、それが杞憂に終わってくれて本当にホッとした。
と言うか、香川の恐ろしいところはどんな課題に直面してもそれを乗り越える努力を怠らず、着実に少しずつ進化するところで、この試合でもしっかりとその能力を見せてくれた。
今までだと、香川はバイタルエリアで細かく動き直して相手のマークを外した時にパスをもらえないかと待っているパターンが多かったが、この試合ではオフザボールの時に大きな動きを交え、パスをもらえない時でも相手のマークを引き連れ、味方にパスコースを作る動きをしていた。
ボールをもらった時も、バックパスや横パスで周りを使おうとするだけではなくて、半身の状態でボールを受けて自らがまず前へとボールを運ぶ推進力を作り出そうとしていた。が、そういうプレイばかりだと疲れるのか、後半は今までのようにゴールに背を向けて体勢が悪いとバックパスを選択するプレイは多くなってしまったけどね(笑)。
そしてチームメイトも徐々に香川のプレイリズムに慣れてきて、PA付近で香川の周りに相手の選手が居ても、香川ならボールを確実につないでくれるという信頼が出てきたようで、今までだったらそのままドリブルで持ち込むか、いったん後ろに下げるような場面でも、香川に預けてワンツーを狙うような形が出てくるようになった。ただ、バレンシアだけはひたすら突破>糞クロスというプレイに固執していたようだが・・・
とは言え、チーム全体での出来はあまり良いとは言えなかった。まず、ヴィディッチとエヴァンスのCB陣の位置取りが低く、その割にはラファエルとエヴラのSBが高い位置にいるので、せっかく中盤で良いプレスがかかっていても、そこを一旦抜け出されるとあっという間にカウンターを食らってしまい、ガラタサライのアルティントップとアムラバトに何度もサイドを突かれるシーンを作ってしまった。
スコールズとファン・ペルシの両スターも連戦で疲れが出てきているのか、スコールズは物凄く速くて精度の高い縦パスやサイドチェンジを出したかと思うと、次の瞬間はとんてもないミスパスをやらかしたりで、ファン・ペルシも後半になって相手にスペースが出来るまではほとんど消えてしまっていた。
まあ、それでも何だかんだで勝ち点3は取れたわけだが、これから調子を上げていかないとトルコアウェイでは結構厳しい試合を強いられてしまうと言う事は、当然ファーガソンも選手も予想はしているだろう。早速次の週末にはリヴァプール戦が待っているが、アウェイだけどそこできっちり叩いてリズムに乗りたいところだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする