「吉田にとっては良い試練?」イングランド・プレミアリーグ アーセナル-サウサンプトン

レギュラーCBホーイフェルトが故障したために、急遽吉田がプレミアリーグ初出場を果たしたと聞いて、慌てて録画した試合を見てみたわけだが、最初の印象としてはいろんな意味でえらい試合になってしまったなと(笑)。
マンUと対戦した時のサウサンプトンは、香川を密着マークで防ぎつつ積極的なパスサッカーで後1歩まで追い詰める事に成功していたわけだが、開幕から絶好調のアーセナルに対しては見事に守備が崩壊。
選手個々の頑張りという面は見られるのだけど、組織としては一応ゾーンらしきものが形作られているだけで連動性が全く存在せず、1人のアタックが破られてしまったらその裏には必ず広大なスペースが存在していて、そこからサウサンプトンのDFラインをまるでパイロンのごとく次々とパスを通され、どんどんと失点を重ねていってしまった。
吉田がジェルビーニョに入れ替わられて失点を喫した場面も、吉田はジェルビーニョをマンマーク気味につこうとしていたのだけど、他のCBがついて来ずにどんどんスペースが空いてしまうため、仕方なしにジェルビーニョとボールホルダーの両方が視界に入る位置に動き直し、目の前の選手にパスを通されたところでチームメイトのカバーが遅過ぎるのに気づき、前に出ようとしたところを裏に通されてしまったわけで、吉田だけのミスではないことが良く分かる。
他にも、吉田1人が相手の前線へのクサビパスに当たりに行っただけで、他の選手が棒立ちでDFラインに巨大なギャップが出来たりと、後半からは多少持ち直したとはいえ、かつてのジーコジャパンでもこれよりは組織的に守っていたはずと、ちょっと絶望的になってしまうようなお笑いぶりだった。GKケルヴィン・デイビスもこのクラスのチームが相手では完全に力不足である。
ただし、その分攻撃の方は相変わらず強力。プレミアの下位チームにしては珍しくパスサッカーを標榜しているチームらしく、マイボール時には各選手が忠実にパスコースを作りながら素早く押し上げ、PAに近いところから中と外のパス交換やサイドチェンジを織り交ぜて相手守備を揺さぶる攻撃は見応えがあり、6点という大量失点は喫してしまったものの、サウサンプトンも4点は入っておかしくないだけのチャンスを作っていた。
この試合での吉田は、どちらかと言うと攻撃のほうでの貢献が目立ち、まるでフンメルスのようにミス無く次々と縦パスをタイミングよく通し、時にはグングンとドリブルで持ち上がって見せたりと、後半の攻撃は全て吉田がタクトを振るっていたと言っても良い状態だった。
監督がそこをどう判断するか分からないが、とにかくホーイフェルトが怪我でいないうちは非常に大きなチャンスである。今後はフンメルスと同様に相手からマークを受ける可能性はあるかもしれないが、このままミスを恐れずどんどんチャレンジして行って欲しいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする