「ヤングなでしこ、見事に韓国を一蹴」U-20女子W杯準々決勝 日本-韓国

韓国大統領の天皇への暴言や竹島上陸騒動の直後とあって、いろいろな意味で注目される事になってしまった試合だったが、そういう重圧を物ともせずにヤングなでしこたちは、3-1の快勝で見事韓国を一蹴してしまった。
韓国は予想通り、日本に対して守りを固めてカウンターという手段に出てきたのだが、男子であれば守備ゾーンに入って来たところを徹底したフィジカルプレスで潰して一気にロングボール、というのが常套手段で、日本もそんな単純パターンにコロッとやられるのが常なのだが(苦笑)、韓国女子はそこまで徹底せず、ボールを奪ってからも素直に前線に縦パスを当てて組み立てようとしていた。
日本は韓国の攻撃パターンを良く研究しており、韓国の2トップに対してはDFがきっちりと体を当てて自由にさせず、ボランチが前から挟み込んでボールを奪う形が良く機能し、韓国に反撃させる間をほとんど与えさせなかった。
こういう形で中盤を圧倒的に支配した日本は、韓国の4-4ゾーンを物ともせずに田中陽子や柴田が相手のバイタルエリアに入り込んでボールを受け、一時は1-1の同点にはされたものの、前半のうちに3点を叩きこんで試合を決めてしまった。
ただ、日本の選手はいかなる場合でも安易に逃げのプレイをせずに、常にボールスピードの早いパスでつなごうという意識は非常に良いのだけど、試合の流れや展開、相手の守備における狙い、味方の動きの良し悪しに関係なくその原則を貫こうとするので、選手の疲労が色濃くなってきた後半はパスミスのオンパレードになってしまって簡単にターンオーバーの機会を与えてしまっていた。
特に、横山を左SHに入れて田中陽子をSBに下げてからは、高い位置で安定してボールを預けられる場所が無くなってしまい、皆がドリブルなどの個人勝負に走りがちになってしまったので、余計に試合の安定感が無くなってしまった。
もう一つの課題はサイドから攻められた場合の守備。この試合で唯一喫した失点は、単純にサイドをドリブルで突破されてからのクロスを、中で人数が足りていたのに誰もマークに付かず、ボールウォッチャーになってしまった事により起こったものだった。それ以外にも、サイドのマークを突破されてのピンチが何度かあり、特に準決勝の相手であるドイツはさらに高さがあるだけに、サイドでの守備が甘いままだと失点は防げないだろう。
それは攻撃面でも言える事で、日本の2点目と3点目はいずれも中とサイドのコンビネーションで取ったものであり、ドイツが相手でもバイタルで基点を作ってからサイドに振って、さらにまたバイタルに戻してシュートという横の揺さぶりが出来れば、得点の機会は増えるはずだ。そういう意味では、日本はまだまだSBとSHのコンビでサイドのマークを振り切るようなコンビネーションが不足していると言える。
次はいよいよ優勝候補筆頭のドイツが相手。攻守におけるサイドでの攻防が勝敗の鍵を握る事になりそうだが、そこで優位に立てれば日本が勝つ可能性は高いと思う。あと2つ、頑張れ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする