「勝負に出た人選」ロンドン五輪男子サッカー代表メンバー発表

たった18人の狭い関門、ロンドン五輪サッカーのメンバーが発表になりました。
一言で言えば、関塚監督はかなり思い切った勝負に出たな、という感じでしょうか。

GK
権田 修一(FC東京)
安藤 駿介(川崎フロンターレ)
DF
徳永 悠平(FC東京)
吉田 麻也(VVV/オランダ)
山村 和也(鹿島アントラーズ)
鈴木 大輔(アルビレックス新潟)
酒井 宏樹(ハノーファー/ドイツ)
酒井 高徳(シュツットガルト/ドイツ)
MF
清武 弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)
村松 大輔(清水エスパルス)
東  慶悟(大宮アルディージャ)
山口  螢(セレッソ大阪)
扇原 貴宏(セレッソ大阪)
宇佐美貴史(ホッフェンハイム/ドイツ)
FW
永井 謙佑(名古屋グランパス)
大津 祐樹(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
齋藤  学(横浜F・マリノス)
杉本 健勇(東京ヴェルディ)
バックアップ
林  彰洋(清水エスパルス)
大岩 一貴(ジェフユナイテッド千葉)
米本 拓司(FC東京)
山崎 亮平(ジュビロ磐田)

まずサプライズの第一は、ヴェルディから杉本の選出、そして大迫と宮市の落選でしょうか。
宮市のほうは、A代表優先で関塚監督がチームにフィット出来るか確かめる時間が無かったという理由があるのでしょうが、いくらヴェルディの快進撃を支えている存在とは言え、試されない度合いでは杉本も宮市と似たり寄ったりで、ここまでスタメン扱いだった大迫が落とされるというのは本当に意外です。
まあ、トゥーロンを見てると大迫のフィジカルやスピードでは世界レベル相手にはキツいなとは思っていましたが、そこそこ機能していた大津を除けば、指宿にしても他の1トップはどんぐりの背比べだと思ったので、それならいっそと全部切ってしまったんでしょうか。
これで、五輪での日本はポゼッションサッカーではなく、リアクションサッカーで戦うという方針がはっきりした感じですね。まあ、そもそも関塚監督のチームにポゼッションが出来るとは思ってませんけど(苦笑)。
後、いくら徳永や山村が出来るとは言え、ボランチの本職が扇原と山口だけというのが・・・2列目は人材豊富だから米本を入れるかと思ったらバックアップ止まりになっちゃいました。まあ村松も一応ボランチでは起用されてますけどね。つーか、徳永がボランチやるようだったら今度はCBがまずいでしょうに・・・
まあ、もし中心選手に怪我でもあったら一気にチームが崩壊しそうな様子ではありますが、これで決定なのは確かなので、後はしっかり応援するだけですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする