「五輪に向けて明るい部分はあるけど・・・」J1第15節 FC東京-セレッソ大阪

スアレス監督に変わってどうにも調子が出てこないセレッソ。この試合では、東京のハイライン・ハイプレスサッカーに対してあくまでもパスをつなぐサッカーで対抗し、何度かプレスをかいくぐって1対1のチャンスは作ったが、キムボギョンらが決めきれなかった事が致命傷になってしまった。
と言うか、東京のGK権田の出来が素晴らしかった。シリア戦の権田とは別人かと思うぐらいにポジショニングが素晴らしく、ボギョンの抜け出しには落ち着いて間合いを詰めてコースを切り、ハイボールには躊躇なく飛び出して安定したキャッチと、自信に満ちたオーラにセレッソの選手がやられてしまったような感じで、この調子のままならば五輪は任せても大丈夫そうだ。
東京は途中で梶山が負傷し、交代で同じく五輪代表候補に選ばれている米本が出場したが、的確な潰しとシンプルなパスでセレッソの反撃をきっちり凌いでいた。彼もこの出来であれば、ボランチはOAがいないだけに有力な候補になりそうである。
逆にセレッソの五輪レギュラーボランチコンビは、山口についてはまずまずだったものの扇原にはイージーなパスミスが多く、心身ともに疲労が溜まってそうな様子なのが心配。そして五輪エースの清武については、良いプレイはするんだけどチャンスメイクの回数的には物足らず、まだ本調子とは言えない様子。ただでさえ五輪でチームへの合流が遅れるわけだから、ここから五輪期間までに持ち直して欲しいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする