「居合い抜きの緊張感」欧州CL準々決勝第1レグ ACミラン-バルセロナ

これが決勝のカードだったとしても違和感がない、欧州トップクラスの実力同士の好カード。ミランホームで行われた第1レグは、まずは0-0のスコアレスドローで折り返した。
今や、欧州カップ戦では敵無しと呼ばれている大本命のバルセロナだが、この試合ではミランの周到なゲームプランの前に相当苦しめられたと言ってもいいだろう。
ミランは、バルサのDFがボールを持ったら前のイブラヒモビッチ、ロビーニョ、ボアテングの3人が猛然とプレッシャーをかける戦略で、試合開始早々に2度の決定機を得たのだが、ロビーニョが浮き球をフリーで打ったボレーが当たりそこねてバルサは命拾い。
その後は、ミランが自陣にボアテングまで下げる4-4の恐ろしくコンパクトなゾーンを敷き、その直前でバルサの選手がボールを持ってもプレスには行かず、ゾーンの間に入って初めてアタックに行くという、徹底的にパスを受けるスペースを与えない作戦に出るのだが、バルサもそんな包囲網の中で果敢にパスを通してシュートまで持ち込む。
しかしミランもDFが最後に体を投げ出す粘り強い守備を見せ、GKアッビアーティも集中力高くゴールを守り、2度ほどバルサのサンチェスがDFの前に出てGKと1対1になる場面を作ったのだが、最後にボールを阻まれて得点には至らない。
後半になると今度はミランの戦い方がガラリと変わり、普通に高い位置からバルサに対してプレスをかけ始め、これでスペースをもらえるバルサにとっては思うつぼの展開になるかと思われたのだが、前半の遅いペースから切り替えられないのか、メッシがボールを持っても周りのサポートが遅く、逆にイブラヒモビッチのポストプレイでつながれてチャンスを作られる事が多くなる。
とは言えミランも疲れがあるのか最後の部分でミスが出て決定機を作るまでには至らず、最後は再びバルサが圧倒してミランゴールに襲いかかるが、サンシーロの芝が剥げてスパイクが滑るピッチ状態も影響してか、メッシのシュートも最後まで枠を捉えられずにタイムアップ。
現在のバルサに対峙するどんなチームにとっても、これしか無いという戦略と戦術をやり切ったミランもさすがだったが、それでも切り崩していくバルサも当然見事だった。スコアこそ0-0ではあったが、非常に緊張感溢れる試合で見ていて楽しめた。
おそらくミランは次の試合も同じようにやって来るとは思うが、今度はバルサのホームであるだけにピッチ状態も万全なはずで、そこをミランがどう乗りきれるか。この試合を見る限りでは、まだまだミランにもバルサを倒せる可能性が十分あるのではないかと思う。いや、次の決戦が非常に楽しみだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする