ナビスコカップ決勝の見所

ここのところお家騒動が目立つばかりでパッとしない成績が続き、一時の超絶的な人気に陰りが出ている浦和が、久々にカップ戦ファイナルという大舞台に出てきたこともあって、いつになく盛り上がりを見せているナビスコカップ決勝。
その見所としては、同じ赤をチームカラーとする鹿島との対戦だけに、真っ赤に染まる国立競技場の雰囲気はもちろんの事、鹿島の大迫や柴崎、浦和では梅崎や原口、山田直、エスクデロといった若手選手がどんな活躍を見せるかという点についても非常に楽しみです。
おそらく、試合展開としては若手に負けじとベテラン勢が復調してきている鹿島がボールを支配し、浦和が高速カウンターを狙うという展開になるはず。浦和は新体制発足を勝利で飾ったとは言え、やはりチームの完成度としては鹿島のほうがはるかに上ではあるので、鹿島有利の予想は揺るがないところでしょう。
勝敗のポイントになるのは、月並みですが先制点をどちらがゲットするのかというところ。鹿島が取ってしまえば、後はしっかりスペースを埋めれば高さに欠ける浦和の前線はそれほど怖くないでしょうし、浦和が取ってしまえばさらにカウンターがしやすい展開に持ち込めます。
チャンスの数自体は、鹿島の方に多く訪れる事は間違いないでしょうが、大迫や田代、興梠といったFW陣の決定力にあまり信頼が置けず、攻撃の変化という点でも本山の投入有りきの状態が続いているので、点を決めきれずにリズムが悪くなると浦和にも勝利の目が出てくると思います。
地上波ではすっかりなでしこの陰に隠れてしまったJリーグですが、久々の全国地上波中継になる試合なので、手に汗握る様な展開を期待したいですな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする