「澤御大御出陣」ロンドン五輪女子サッカーアジア最終予選・韓国戦展望

毎日代表戦があるのは勘弁して下さい。更新が追いつかないってば。しかも今晩はヴェルタの激坂アングリルステージだし(笑)。
と泣き言書きつつ、なでしこ韓国戦の展望を軽く。
言うまでもなく、この試合はなでしこ版「黄金の中盤」、澤・阪口・宮間・大野が揃って復帰するベストメンバーでの対戦。
韓国は中国相手にスコアレスドローで初戦を終えてしまっているだけに、日本相手に勝ち点0に終わってしまうと、五輪出場が相当苦しくなって来てしまうので、中1日でもメンバーを落としてくることはあり得ない。
従って、戦略的には日本がポゼッションで相手を上回り、ボールを大きく速く走らせて韓国のスタミナを消耗させ、足が止まってくるであろう後半で一気に畳み掛けたいところだ。
韓国は当然カウンターを狙ってくるだろうし、サイドにスピードのある選手がいるので、日本が注意することはとにかく不用意なミスパスを犯さないこと。特にINAC神戸で澤のチームメイトであるチ・ソヨンはスピードと突破力を兼ね備えているので、彼女のところできっちりと押さえないと、SBの裏のスペースを使われてしまうことになる。
ま、とにかく理想は前半のうちに2点ぐらい取っちゃってさっさとケリをつけて、さらに日程が厳しい3戦目に向けて主力を休ませるような采配が出来るようになると嬉しいけどね。と、タイ戦でも思っていたのであんまり期待しないでおこう(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする