「西野監督の珍しい積極采配」J1第23節 ガンバ大阪-柏レイソル(2-0)

草津から移籍したラフィーニャが、最近のガンバにしては珍しくチームに素早くフィットし、一気の連勝で首位に立ったガンバと、一時の勢いが落ちつつある2位柏の頂上対決。
ネルシーニョ監督は、圧倒的な攻撃力を誇るガンバに対して、茨田を遠藤のマンマークにつけるとの談話だったようだが、実際には4-1-4-1のフォーメーションにして、ガンバの中盤4枚に対して後ろの5人がスペースを与えないサッカーをして来た。
それに対してガンバは、お得意の中盤が柔軟にポジションチェンジをする攻撃で柏の守備にスペースを作ろうとするが、序盤こそ遠藤のFKなどで何度か決定機を作ったものの、徐々に柏がガンバの攻撃に慣れ始めてからは膠着状態に。
逆に柏は、ガンバの足が止まって守備が棒立ちになり始めた前半の終わりごろに、レアンドロらが2度ほど得点機を得るがこちらも決まらずに試合を折り返す。
後半になると、西野監督は立て続けにイグノ、キム・スンヨンから平井、大塚を投入するという珍しく若手を早めに投入する積極采配を見せる。これに対してネルシーニョは動かず、攻撃的に行けという監督の意図を汲んだガンバがポゼッションで柏を圧倒し始める。
が、度重なるチャンスも平井らがイージーなシュートを決められずに西野監督のイライラが頂点に達したはずの80分に、左サイドから上げた大塚のクロスが相手にあたって、ボールは見事にGKがギリギリ取れないコースに飛んでガンバが思わぬ形で先制する。
と、その1分後には直前に交代で入っていたアフォンソが右タッチライン際で近藤と競りあってボールを奪い返し、折り返したボールをやっとこさ平井が決めて一気に2点目。柏は先制点で集中力が切れていたのか、周りの足が止まったエアポケットをうまくガンバが突いた格好になった。
柏は試合に入る策としては悪くなかったが、前半のチャンスに決めきれずガンバの交代策にも後手に回ってしまったのが勝負の分かれ目になってしまった。ガンバは、自分達が守りきるサッカーが出来ない事が分かっているだけに、監督にも選手にも今は全く迷いが無いというのは結構大きいんじゃないかと。
もしくは、両チームのサブメンバーの調子に大きな差があり、それがネルシーニョと西野監督との積極性の差に出た可能性もある。そういう意味では、点差以上にチーム全体での現時点の実力差が出た試合だったのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする