「これはさすがに楽勝でしょう」ロンドン五輪アジア最終予選組み分け抽選会

昨日、TwitterのTLを眺めていると、いきなり五輪アジア最終予選の組み分けが開始されたとのツイートが流れてきて、仕事そっちのけで観ておりました。
下のポットからの抽選だったので、グループAにライカールトのサウジ、外人部隊のカタールが入って、グループBには黄金世代のUAE、イランを破ったイラク、オイルマネー強化中のウズベクと来たのでかなり緊張しましたが、結果的には最も楽な組み合わせになったグループCに日本が入り、思わず小さくガッツポーズしてしまいましたよ。

<グループA>
韓国
カタール
サウジアラビア
オマーン
<グループB>
オーストラリア
イラク
ウズベキスタン
UAE(アラブ首長国連邦)
<グループC>
日本
バーレーン
シリア
マレーシア

全部中東のグループAに入ってしまった韓国、死のグループBに入ったオージーは大変ですね~。いや、本当に他人ごとって素晴らしいなあ(笑)。
で、日本のグループCは、またいつものバーレーンかという感じもありますが、今回のバーレーンは2次予選で何と初戦のホームでパレスチナに0-1で敗れ、第2戦で何とか1-2としてアウェイゴールで勝ち抜けた程度のチームですからねえ。あえて警戒するとすればシリアで、相手がトルクメニスタンとは言え、アウェイで4点取るのは攻撃力が侮れない証拠です。
バーレーンやシリアが絡んでいる中東の政情不安も、戦後のイラクのようにサッカーのモチベーションを高める可能性もあるので、あまり日本にとってのプラス要因には数えないほうがいいでしょう。
そして最終予選の日程ですが、JFA公式サイトによると以下のようになってますね。
http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2011/303.html

2011年
9月21日(水) 日本-マレーシア
11月23日(水) バーレーン-日本
11月27日(日) 日本-シリア
2012年
2月5日(日) シリア-日本
2月22日(水) マレーシア-日本
3月14日(水) 日本-バーレーン

日程的にも日本は恵まれましたね~。何せ、暑い中東アウェイを9月にやらずに済むのは大きいです。しかも、11/23と27の一番過密日程になっているところで、先にアウェイでやれるのは気候と時差順応の準備期間が取れますからね。
ただ、逆に言うと最も楽な試合になるはずの初戦マレーシア戦で、硬さが出てしまって勝ち点3が取れない自体になると、一気に崖っぷちになってしまう心配がありますが・・・まあ、さすがに関塚監督もその点については締めてくるはずなので、杞憂ということにしておきましょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする