やっぱり不安は的中してしまったか・・・【U-17ブラジル戦】

NZ戦の戦評で、まだこのチームはガツガツプレスをかけて来る相手に当たってないし、パススピードをもっとアップしないといけないと書いたのだけど、当然ながらまだ試合を見てないのですが、掲示板などの反応を見るとどうもその不安が的中してしまったようですね・・・
FIFA公式のスタッツを見ると、ポゼッションは51と49で日本が上回っていますが、この試合のピッチは相当悪かったようで、日本はボールコントロールやパススピードの調整に苦労して持ち前のパスワークが発揮できずにミスを連発し、それを狙っていたブラジルにまんまとやられてしまった感じですかね。ブラジルのシュートは19本、その9本が枠内ですから、やはり個人能力の差は歴然ですよね。
日本が0-3から1点差まで追いついたのは嬉しいですが、やはりブラジルは3点目を取ったところで気を抜いていたでしょうから、あまり諸手を上げて喜ぶわけには行きません。
とは言え、U-17の日本にブラジル人のようなフィジカルを身につけろと言っても無理な話で、NZ戦まで日本が見せた組織とパスワークを強化していく方向性を変える必要はありません。やはり、いかに普段からプレッシャーやフィジカルを持った相手と日常的に戦える環境を作って行くかが重要と言うか、もう今の日本がやれる事はそれしか無いわけです。
現時点ではその役割は選手の欧州移籍によって賄われているわけですが、Jリーグがそこに少しでも追いついていかないと、このブラジルとの「1点の」差はいつまでも埋まることは無いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする