クウェート戦のポイント

さて、今日からいよいよ五輪2次予選ホーム&アウェーのクウェート戦が始まりますね。と言うことで、とりあえずお約束で試合のポイントを書いておきます。
まず留意すべきなのは、日本のホームが第1戦という点ですね。CLなどでも、ホーム&アウェイ戦では、第2戦目で結果と相手の出方を見ながらホームで戦えるほうが有利だと言われているので、日本にとってはその点でやや不利な状況になっています。
とにかく一番気をつけなければいけない事は、相手に先制点を許してしまう事。展開的にクウェートは、間違いなく固く守ってカウンターという戦術を仕掛けてくるでしょうから、2戦を通じて常にこちらがリードして、相手が前に出てこざるを得ない状況を作り出すかが肝要です。極端な話、先制点を与えるぐらいなら守備を分厚くして0-0で第1戦を終わってもいいぐらいです。
日本は、オーストラリア戦を見ても下手にゾーンの守備を意識してしまうと、ボランチの守備力に不安があるので本来相手を2ラインで挟み込むはずが、かえってバイタルで自由にプレイさせてしまう事になりかねないので、とにかくCBがFWを1対1でガッチリ捕まえた上で、2列目がクウェートのパスの出処を抑えなければなりません。
その意味では、最前線でプレスをかけまくる永井が使えそうにない事は痛いですが、代わりに先発が予想される大迫は足元でボールを収めることが出来るので、2列目がプレスをかけつつ高い位置取りをキープ出来れば、そこへと山村らがサイドへとボールを早く展開させることで、中央を固めてくるであろうクウェートのマークのズレが出来てくるはずです。
とにかく守備の集中力を切らさない事と、中から外、外から中へと早く大きくボールを動かして攻める事が、クウェート戦を戦う上で大きなポイントになって来ると思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする