「グダグダでも勝てば官軍!!」アジアカップ2011 日本-韓国(2-2PK3-0)

日本全国が注目する(?)、本当に久々の日韓ガチンコ戦。日本は川島と内田が復帰して、岩政が吉田の代わりに入る予想通りの布陣。
試合の入り方は、予想とは全く違って韓国のほうが受けに回る展開で始まり、日本は右サイドを中心に攻めこんでセットプレイをいくつかゲットする流れに。そして、そのペースに乗って縦のパス交換から長友が飛び出し、岡崎の頭にどんぴしゃで合ったがボールはぎりぎり韓国GKチョン・ソンリョンが弾いてゴールならず。
しかしこのあたりから韓国がようやく目覚め始め、チ・ドンウォンがサイドに流れてロングボールを受け、パク・チソンのボールキープを中心に個のキープ力でゴリゴリと前に進み始める。すると、23分にそのロングボールをパク・チソンが受けたところを競り合った今野が倒してしまい、厳しい判定だったがPKを取られてしまう。
日本の攻めはその後やや雑にはなったが、韓国もイラン戦の激闘を戦ったせいかチェックのスピードが弱く、縦横無尽にポジションチェンジする日本の攻撃をマークしきれず、香川の反転力や本田のキープ力で中盤を徐々に制圧し始める。
すると、36分に本田がマークを受けながらもボールをキープし、チャ・ドゥリを振り切って駆け上がった長友にスルーパス、それを長友がドリブルで切れこみDFを引きつけたところで前田にパス、前田は倒れ込みながらシュートを決めて日本が同点に追いつく。
その後も日本が完全にペースを握るのだが、最後に完全なフリーで打った前田のシュートは枠を外れ、日本が押しながらも前半を同点で折り返す。
後半になると、韓国は香川と本田にきっちりマークをつけ、SBの上がりを封じる手に出ると日本の攻め手が無くなってしまい、パスをダラダラ回しては細かいミスでボールを奪われ、個人の力で突破される場面が増え始める。そして試合前は韓国のほうが先に足が止まるかと思われた15分ごろから、逆に日本音選手の出足が鈍くなってしまい、競り合いでは日本のファールを取る主審のおかげもあって日本が劣勢に立たされたまま、試合は延長に突入する。
延長になっても日本はほとんど攻めに出られず、これはどうやって勝つのかと思ったのだが、ここまで日本に対して厳しいジャッジをしていた主審が、本田のスルーパスに対して飛び出した岡崎に対して微妙にエリア外のファールで驚きのPK(笑)。これを蹴った本田が、またもど真ん中に蹴ってしまって一度はGKに防がれたが、飛び込んだ細貝がこぼれ球を押しこんで日本が貴重なリードを奪う。
ザックはここで伊野波を入れて5バックにし、それ以降はひたすら日本がゴール前に壁を作って跳ね返す展開が続いたのだが、やはり守備の文化が足りない日本にとってはイタリア式カテナチオは荷が重かったようで、案の定試合終了間際にセットプレイから押し込まれて同点のPK戦。
PKになったら試合の流れ的に日本は分が悪いかと思ったのだが、なんとPKを止められない川島が2本連続でPKを止める信じられない川口ぶりで、日本は長友は外したが最後に今野が決めて日本が5年ぶりの雪辱戦をものにした。
まあ勝ったからいいようなものの、前半の完全な日本のペースに決めきれなかった事がこの苦しい展開を呼びこんでしまったわけだし、ザックがもうちょっと攻撃的な采配をやっていればもっと楽に勝てたのではないかと思ったりもするのが正直なところである。
特に、5バックになってから誰も前線でプレスをかけられなくなり、韓国にひたすら放りこまれ放題になってしまうと、さすがに闘莉王・中澤不在では厳しい。アジア相手なら、フリーでミドルシュートを打ち込まれるよりもゴール前のこぼれ球のほうが危険なので、その辺はザックに見切って欲しいところではあるのだが・・・
とは言え、愚痴はひとまず決勝で負けた場合に取っておいて、韓国に勝った事とアジアカップ予選の免除をゲット出来たことを喜んでおこうと思う。おめでとう、日本!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする