「韓国の弱点こそが日本の強み」アジアカップ2011 準々決勝 イラン-韓国(0-1)

今晩、いよいよ韓国との大一番がやって来るわけだが、その前に韓国の研究を兼ねてイランとの試合をじっくり見てみた。で、率直な感想としては、やはり今大会での韓国はチームの完成度、強さという点では頭ひとつ抜けているなと。
韓国の戦い方は完全に一貫しており、前半は1トップのチ・ドンウォンにロングボールを集め、相手にボールを渡しても2列目と3列目がもの凄い勢いでサンドイッチしてボールを奪い返し、サイドに基点を作ったらそこにイ・ヨンピョとチャ・ドゥリのSBやイ・ヨンレがすぐさまフォローして数的優位を作ってサイドを破り、鋭いクロスを上げてくる。そして相手の中盤にスペースが出来てくると、パク・チソンがバイタルエリアでボールを受けて力強いドリブル突破で突き進み、シュートにまで至らなくても確実にファールをゲットする。
ここまでの日本は中盤とDFラインの連携ミスで失点するパターンが多いが、韓国相手に遠藤や長谷部に今までのような気の抜けたパスを出してしまうと、あっという間に囲まれてボールを奪われ、日本のゴール前に殺到されるハメになってしまうだろう。
間違いなく韓国は日本戦でも序盤からイラン戦のようなハイプレス攻撃に出てくるだろうから、まずは岩政がチ・ドンウォンへのボールをシャットアウトした上で、SBとボランチがサイドのケアを怠らずに基点を作らせない事に集中しなければならない。
また、ボールを持っても遠藤は確実に潰されてしまうので、吉田が欠場した分、内田のビルドアップが重要になって来る。ボランチのところでボールを奪われると大ピンチになってしまうので、プレッシャーのかかりにくいサイドで岡崎への縦パスを有効活用し、そこから中盤につなげて岡崎が裏へ飛び出す攻撃の組み立てが出来れば、韓国のDFラインを下げつつサイドの攻撃参加を押さえられる二重の効果が期待できる。
前半最初の30分間と、後半の15分間はとにかく守備でミスをしないように耐え忍ぶ必要があるが、その時間帯を過ぎると韓国のプレッシャーも緩み、特にイラン戦の後半は韓国の選手もほぼゾーンをキープする事でいっぱいいっぱいになっていたので、そういう状態になれば香川のバイタルエリアでのテクニックやスピードが活きてくる。
イランもその時間帯には活発な攻め上がりからバイタルやサイドとつないで得点になりそうな攻撃が出来ていたのだが、何故か最後は雑なミドルシュートを放つばかりでみすみす機会を潰していたのが残念。PA付近での冷静な溜めやコンビネーションがもう少しあればイランが勝てていた試合で、その意味では日本のほうにより期待が出来る部分でもある。
とにかく、日本は絶対に韓国に先制点を与えない事。韓国は日本より1日間が短い日程で、延長を戦ってきているのでイラン戦よりは日本のペースになる時間帯が増えるはず。
日本のキーマンをひとり挙げるとすれば前田だろう。今まではほとんど活躍できず、「香川の邪魔」とさえ言われている状態だが、韓国戦では相手のプレッシャーを避ける意味でも前田へのロングボールが増えるのは確実で、そこで簡単にボールを奪われてしまうようでは日本のピンチの数は数え切れなくなってしまうだろう。
韓国は攻撃時にはCB2人だけで守る形になるので、岡崎や本田とのコンビでそこの壁を突破出来ればカウンターの大きなチャンスにもつながる。是非ここで、Jリーグ得点王としての意地を見せてもらいたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする