「残り物には福がある?」アジアチャンピオンズリーグ2011組分け決定!

昨日は飲み会があり、しかも飲んでる途中で数年ぶりにやって来た群発頭痛の発作が起こり、家に帰ったら着の身着のままで布団に倒れこみ、そのまま朝まで寝てしまいました。頭痛の発作が一度起こると1~2週間は続くので憂鬱です・・・
てなわけで、試合を見るどころではなかったので、昨日組み分け抽選会が行われた、アジアチャンピオンズリーグの組み合わせについて。日本を含む東アジアのグループは以下のようになりましたね。

■Group E
E1 済州ユナイテッド(韓国)
E2 メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
E3 ガンバ大阪(日本)
E4 天津泰達(中国)
■Group F
F1 杭州緑城(中国)
F2 FCソウル(韓国)
F3 プレーオフの勝者※
F4 名古屋グランパス(日本)
■Group G
G1 セレッソ大阪(日本)
G2 山東魯能(中国)
G3 全北現代モータース(韓国)
G4 アレマ・インドネシア(インドネシア)
■Group H
H1 シドニーFC(オーストラリア)
H2 天皇杯優勝クラブ(日本)
H3 上海申花(中国)
H4 水原三星ブルーウイングス(韓国)
※プレーオフ出場クラブ
スリウィジャヤ(インドネシア)
ムアントン・ユナイテッド(タイ)
デンポSC(インド)
アルサッド(カタール)
アルイテハド(シリア)
アルアイン(UAE)

まあぶっちゃけ、どの日本勢にとっても楽なグループが無いという結果でしょうか。
比較的楽そうに見えるのがグループFの名古屋ですが、プレーオフに移動距離が長い中東勢が入っているのがミソで、特にプレーオフ枠にアルアインあたりが来ると、一気に激戦区化しそうです。
ガンバのグループEは、済州と天津がリーグ2位と成績を出しているチームで、メルボルンはやや力が落ちる感じですが、あまり気を抜けない対戦ばかりです。
セレッソは中国1位の山東、ACL常連の全北との対戦な上に、日程表を見るとGWの5/4にインドネシアのアレマとの対戦が入っており、過密日程との兼ね合いをどうやって付けていくのかが大変です。
Hは天皇杯で名古屋かガンバが優勝すればリーグ4位の鹿島になるわけですが、リーグの成績では水原が7位、シドニーが9位、上海が3位と結果が出てない相手なので、実はここに入った日本勢が一番楽になるかもしれません(笑)。さすがに福岡や山形じゃきついとは思いますが、鹿島や清水、浦和、選手の質だけで言えばFC東京が入っても可能性があるんじゃないかと思いますね。
残念ながら今年は日本勢があまり良い結果を出せなかったACLですが、来年は上り調子のフル&五輪代表に合わせて、Jクラブも快進撃と行って欲しいところですな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする