「まずは讃岐と長野が勝ち点3」地域リーグ決勝大会第1日目@高知春野

J1では名古屋が見事湘南に勝ってシーズン優勝を手にしましたが、その下の下でも地域リーグ決勝大会の熱い戦いがスタートしました。
いつもおなじみ、びりけんさんが長野パルセイロの応援のために現地まで赴かれているので、そのレポートが到着次第、順次掲載させていただきます。
では、第一日目。

カマタマーレ讃岐1-0福島ユナイテッド
讃岐がプランを完遂した試合でした。手堅く守って素早く前へ、のパターンで効率よく奪った1点を守りきった讃岐。一度だけ大ピンチがありましたがDFが根性でしのいでいました。
福島は細かいミスが多過ぎ、せっかく来た流れを自分達で摘んでいるかのよう。これで明日の試合は90分勝ちが絶対条件になってしまいました。
AC長野パルセイロ4-1さいたまSC
これぞ地域決勝と呼ぶべき前半、北信越リーグのような後半。
さいたまは長野をよく研究していましたね。ボールの奪いどころから弱点までよく心得ていましたが、補充枠の悲しさかメンバーが揃っていなかった模様。
長野は4点は取ったものの、全体的に雑で、さいたまのスタミナ切れに助けられたようなものです。怪我人まで引っ張りだして、持ち駒の少なさをばらしてしまったのもマイナスです。
個人的な評価は讃岐、長野、福島、さいたま。讃岐の磐石ぶりを考えれば明日の第一試合で負けたほうが脱落でしょう。
他会場は4試合中3試合がPKというのに、わりと趨勢が見えた高知です。

長野は大勝の結果で、まずはおめでとうございます。予選リーグのレギュレーションでは得失点差が優先されるので、内容はともかくとして長野が首位に立っていることになりますね。
2試合目は長野対福島になりますが、勝つしかない福島相手にきっちり守ってカウンターで勝ち点3を積み上げて行きたいところでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする