「パスサッカーが勝つ形」J1第16節 サンフレッチェ広島-京都サンガ(3-0)

前日に見た磐田とセレッソの試合と同じように、どちらも3バックの布陣を取る同士の試合だったが、奇しくも同じ3-0という結果の試合になった。
両チームは同じ布陣ではあるが、パスでポゼッションする広島と、固く守ってカウンターの京都と言う違いがあり、前半はパターン通りに京都の壁を広島がなかなか崩せず、京都のほうがカウンターからの攻撃で広島のシュート数を上回る形で終わった。
こういうタイプの対戦は、どちらかが先制すると大きく試合の流れが変わってしまうものだが、この試合でも後半5分に森崎がFKから流したボールを槙野がダイレクトで決めて先制した事で、京都が前に出て来ざるを得なくなり、そこで出来たスペースを広島が速いパスワークで京都ディフェンスを次々に崩して行き、その後は広島が着々と加点して試合終了。
まあ、京都にしてみたら広島相手にはこういう戦いをするしか無かったのは確かで、その意味で先制点を取られた事でゲームプランは崩壊してしまったわけだが、チャンスがあった前半で確実に点が取れるようにならないと、このまま降格圏を脱出する事は難しいだろう。
前線には柳沢やディエゴというタレントが揃ってはいるのだが、いかんせん点取り屋がいないので、カウンターの時にもっと選手が前線に上がって来ないと厳しい。この試合でも、せっかくのカウンターなのにゴール前には4人しか上がっておらず、残りは全て自陣に残っているために、少しパスで戻したとたんに広島に戻られて終わり、という場面が非常に多かった。その意味で、ボランチや3バックの1人が攻撃参加するような形を、秋田新監督には期待したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする