日本代表は0トップ?

デンマーク戦は5時半ぐらいに起きて録画を見ようかと思ったら、遠足前の小学生のように試合開始時間にバッチリ目が覚めてしまい(笑)当然今日は寝不足で、今晩23時からの試合も見たいので昼休みに昼寝しようかと思ったのですが、ついネットサーフィンをしてしまって午後の睡魔と闘う羽目になっている今日この頃です。
ポルトガル対ブラジルを生で見たいんだけど、絶対寝てしまうよなあ・・・(苦笑)
で、ふと休み時間にメールを見ると、ソラピスさんから質問が来ていたので返答してみます。

デンマーク戦を見ていてふと思ったのですが、今の日本て、スパレッティ・ローマのゼロトップシステムの良かった頃に化ける可能性がありませんかね? デ・ロッシ、ペッロッタ、カッセッティ、タッデイ、…。本田はトッティ程のボディコンタクトはしないかな…。
別になんの斬新な主張もないのですが、蹴閑ガゼッタさんがこれをネタに何か書いてくださったら面白いかなーと思った次第です。引っかからなければ、どうぞスルーしてください。それでは、これからも楽しみにしております。

ローマのトッティ、そして柏のフランサもそうですが、彼らは一発のワンタッチパス、ファンタジーで相手のスペースへと決定的なパスを出せる代わりに、運動量が無くて守備が出来ず、その分を周りの選手が追い越したり戻ったりして必死でカバーする戦術なので、普通に本田がボールをキープして1トップの役割をこなしている日本とは異なっていると思いますよ。
それに、ローマほど日本は速さに特化しているわけじゃないし、個人の俊敏性と運動量で全員がコレクティブに攻めてるタイプなので、攻撃時にタッディやペッロッタへの比重が高くなるローマとはやっぱり違いは大きいでしょう。
日本がローマ式の0トップをやろうと思ったら、一番それっぽくなるのは小野でしょうかね・・・でも清水での小野はしっかり中盤の要として走ってますからね。とにかく、トッティのようなスーパーな選手はいないし、11人で12人分走ってやっと世界とイーブンな日本がローマ式0トップをするのはなかなか難しいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする