「本当の勝負はどのみちデンマーク戦」南アフリカ・ワールドカップ グループE 日本-オランダ(0-1)

スナイデルのシュートが川島の手に当たっていただけにねえ・・・うーん、もったいなかった。
日本は事前に予想した通り、アンカーを置いた布陣でコンパクトなブロックを作ってバイタルエリアを自由にさせないディフェンスを形作り、あまり逆サイドが高い位置を取れなかった事で攻撃の機会はそれほど作れなかったが、前半はほぼオランダにスピードのある攻撃を許さなかった。
しかし後半開始直後に、DFラインがあまり押し上げられずに日本の中盤にスペースが空いてきたなと思ったら、セカンドボールをさくっと拾われ、フリーにさせてはいけない選手の筆頭だったスナイデルにズドン。川島も反応はしていたんだけど、あのスピードで飛んでくるミドルはJリーグには全く存在しないので、あれを責めるのはちょっと気の毒だった。
それから、日本は中村を投入はしてみたが、相変わらずフラフラとボランチの位置まで無意味に下がってくるだけで高い位置で基点を作るような働きは出来ず、それでも日本は積極的に押し上げて大久保の個人技や遠藤の運動量でオランダゴールまで迫りはするものの、全体的に疲労のせいか肝心な部分でミスが多くなり、玉田や岡崎を投入しても流れは変えられず、今回の交代策はことごとく不発。つーか、中村の空気読めなさは相変わらずっつーか何つーか。
最後は闘莉王を上げて、日本もクロスに闘莉王が頭でそらせて中に飛び込んだ岡崎が絶好のチャンスを作ったが、シュートはゴールの上にさようなら。岡崎、あれが決められるようなら欧州でもプレイできるんだろうけどなあ・・・
オシムは大久保と本田にご立腹だったけど、これはオシムサッカーをやっているチームではなくて、岡田サッカーをやっているチームなのだから、何かしら強引さとそれがもたらすラッキーが無ければ、残念ながらオランダにはまず勝てないからね(笑)。
まあ、オランダ戦は負けて当たり前の試合。本当の勝負はどのみちオランダに引き分けたとしてもデンマーク戦である。デンマークの攻撃は、今日の調子の悪い&日本を舐めてきたオランダに近いレベルにはある。同じようにスペースを与えない守備から、相手のミスから得点につなげるような、抜け目無い試合を見せて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする