「アフリカ勢はとにかく1対1」コートジボワール戦展望

もう試合は今晩ですが、恒例なので一応軽く展望みたいなものを書いてみます。
まず重要なのは当然ながら日本代表のコンディションで、一番負荷をかけているところから少し緩くなっているはずの時期なので、ここで動きが重い選手がいるとかなり厳しいと言わざるを得ません。特に、遠藤と中澤はそのまま日本の屋台骨でもあるので、彼らの出来で本番の期待度が大きく変わってくる事になるでしょう。
そして攻守における一番のポイントになるのは1対1での勝負。カメルーンの守備は、組織的なプレッシングではなくてとにかくマークした選手に1対1で勝つ事で成り立っており、そこで簡単にボールを奪われてしまうと分厚い連続攻撃につなげられてしまいますし、こちらが前に出たところで奪われれば、カウンターで一気にシュートまで持っていかれる羽目になるでしょう。
そして相手の攻撃に対する意味でも、スピードに乗ったドリブルに対して単に走るだけでは止められないので、スライディングタックルやテクニカルファールなどを駆使し、相手の流れを止めつつ自分たちが守備に戻る運動量を節約するスキルが求められます。
日本のキーとなる選手は、ダブルボランチの一角に入るであろう阿部。イングランド戦での阿部はオシムに褒められたらしいですが、個人的にはまだまだ不十分。特に、彼から正確なサイドチェンジや縦パスがもっと出てこないと、ただでさえ前線でボールがキープできない日本は相当苦しくなります。闘莉王だけが組み立てで目立ってしまっているようでは、彼が出場停止にでもなったら終わってしまいますからね。それが出来る能力は持っているはずなのだから、勇気を持ってプレイしてもらいたいところですな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする