はい、日本は普通に格下でした(笑)

たった今、日韓戦を見終わりました。
また気が向いたら明日何か書くかもしれませんが、録画を見る前にちょっとTwitterを覗き見していて、よほど日本はひどい状態だったんだなと覚悟して見始めたせいか、岡田監督の下でのバラバラ戦術、そして11人対9.5人で戦っている割にはまあまあの内容と結果だったんじゃないですかね。0人と0.5人が誰かは言わなくても分かるでしょう(笑)。
それにしても、負けている時に攻撃に転じなければならないはずの交代要員が、森本はいいとしても、その後が中村憲に駒野、そして矢野とは夢も希望も戦略も何もありませんな。
まあ、個人能力やサイドで1対1やスピードで仕掛けられる香川や石川を捨てて、似非ポゼッションちびっ子サッカー+本田というちぐはぐサッカーに殉じることにしたのだから、こういう結果は火を見るより明らかで、今頃暗雲とかショックを受けた、なんて何を寝ぼけたことを言ってるんでしょうか、って感じですが。
そもそも、進退伺いを出すなら東アジア選手権でやっとけって事ですよ。このままでは100年は笑いものにされる国賊になってしまう、というギリギリの危機感を持てば、2列目なのにボールロストしまくりで、最後はボランチより低い位置にいた亡霊も走るようになるかもしれませんよ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする