「史上初の福岡ダービー」J2第14節 ギラヴァンツ北九州-アビスパ福岡(0-1)

今日は、これからとあるイベントに行かなければならないので簡単に。
今期からJ2に昇格してきたギラヴァンツ北九州と、先輩のアビスパとの史上初である福岡ダービー。
ダービーマッチらしく、前からガツガツと当たって素早く攻撃陣にロングボールを入れる激しい展開になったが、やはり現時点でのチーム力はアビスパのほうが上で、徐々にアビスパがパスをつないでサイドに起点を作り、何度もCKなどの機会を得たが北九州もギリギリのところで守って互いに無得点、しかしロスタイムにアーリークロスのヘディングクリアが北九州ゴールへと吸い込まれてしまい、北九州にとっては悔しい敗戦になってしまった。
北九州のサッカーを初めて見たが、やはりJFL以上J2以下チームの典型的なパターンで、佐野とウェリントン以外にボールを前に運べる選手がおらず、ポンポンとテンポ良くパスを回そうとしてもどこかでミスになるか、パスコースを切られてしまうと横パスかバックパスで攻撃のスピードが落ちてしまい、その間に相手に人数を揃えられて得点機を作り出せないという悪循環になっていた。
それでも、試合の序盤は高い位置からボールを奪っての速攻が機能していたが、佐野とウェリントンがチャンスを逃してしまい、それ以降はアビスパにペースを握られてしまった。しかし後半まで足が止まらずロスタイムまで粘っていたのを見ても、スタミナは良く鍛えられていると思うので、夏場の試合では走り勝てるようになるかもしれないね。頑張って欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする