「湘南のミスミス自滅」J1第12節 湘南ベルマーレ-ガンバ大阪(1-3)

Jリーグ中断直前という事もあってか、多くの観客が詰め掛けた湘南ホームの試合ではあったが、残念ながら湘南の逆転負けに終わった。
とは言え、湘南の試合への入り方は素晴らしく、ガンバの攻撃の要である縦パスに対して厳しくプレッシャーをかけてボールを奪い、サイドへ素早く展開してショートカウンターという、モダンサッカーのお手本のような内容を見せて、その通りに先制点を奪って見せた。が、そこからが良くなかった。
先制点を取って気が緩んだか守りに入ったかで、そこから湘南のプレスの勢いが弱まってしまい、せっかくボールを奪ってもパスミスやガンバのフォアチェックで簡単に奪い返され、そこから一気にガンバのほうに流れが傾いて行ってしまい、平井のシュートがDFに当たってGKの反応が遅れる不運もあって、前半のうちに同点に追いつかれてしまった。
それでも、湘南は前半の終了間際に、非常に微妙な判定とは言えPKをもらうラッキーを手にしたが、そのせっかくのチャンスをミスしてしまい、チームのモメンタムが落ちたままで前半を終了してしまった事が敗戦の主因になってしまったと言えるだろう。
ガンバは前半途中から、それまではSHだったルーカスが宇佐美とポジションを入れ替えてトップに入った事でボールが収まるようになり、そこを起点とした攻撃が威力を発揮して後半は立て続けに2得点を上げ、そこで試合を決めてしまった。
平井は2得点を挙げて一気に得点ランク2位まで上げて来たが、まだまだフィジカルコンタクトに弱い面があり、リーチが長い外人勢に対して得意のドリブルが通用するかは未知数の部分が多く、W杯後は是非とも代表に定着させて、高い経験を豊富に積ませるべきだろうね。そして注目の遠藤は、多少PA内への飛び出しなどの運動量は回復してきた面はあるが、判断のスピードやパス精度はまだまだで、W杯もW杯後も心配なところだね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする