「真の勝者は新城!」ジロ・デ・イタリア2010第5ステージ

いつもならジロでの平坦ステージは翌日に早回ししながら見るのが恒例になっているんだけど、昨日はうっかりジロの録画予約を忘れていて、始まって時間が経ってるけど一応録画するかと思ってJSPORTSにチャンネルを変えたら、なんと新城選手が逃げ集団に入っていたので、当然のようにそのまま生観戦にシフト(笑)。
ゴールまで35km地点ぐらいから見始めたんだけど、残り10km地点になっても集団とのタイム差は1分弱ぐらいまでしか縮まらず、自転車レースでメイン集団が逃げ集団を追いかけるには10kmで1分詰められるぐらいが限界と言われているだけに、本当に最後まで手に汗を握る展開になってしまった。テレビ実況のサシャとクリリンはこっち以上に鼻血を出さんばかりの興奮状態だったけどね(笑)。
最終的には、3人の逃げ集団はギリギリ最後まで逃げ粘ったものの、肝心の新城はゴールスパートでピノーに後れを取ってしまってステージ3位に終わってしまったのだけど、実質的にこの逃げ集団を終始リードしていたのは新城で、残り10kmを切って集団が最終的な追撃体制に入った時には新城がほとんど逃げ集団を引っ張っていたし、ピノーの勝利は新城がお膳立てした上にワインまで注いだと言っても過言じゃない見事な働きでしたね。
勝利だけを考えたら、勝ったピノーのように追いつかれるリスクと他の2人の思惑とを天秤にかけながら、うまく体力を温存しておいたほうが良かったのかもしれませんが、そういう策略で勝ってしまうよりもよっぽど気持ちの良い気分になりましたよね!
最近は代表にしてもACLにしても、日本のサッカーにはガッカリさせられてばかりだっただけに、サッカーに比べると環境に天と地ほどの差がある自転車界で、世界を見張らせる活躍をしてくれているのが本当に心強くて嬉しかったです。
JSPORTSに入って無い方でも、ダイジェストならガゼッタ・デロ・スポルトのサイトでダイジェストが見られるそうので是非そちらをどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする