「全勝は全勝だけど」ACL2010グループF 鹿島アントラーズ-全北現代(2-1)

これで鹿島はACLのグループステージ全勝という偉業を引っさげてベスト16へと駒を進めることになったわけだが、ちょっとその結果からは恥ずかしくなるような内容だったかな。
鹿島は、1位通過のために勝たなければならない全北が、前に出て来るところを1対1で厳しく当たり、つなぐところと蹴り出すところをうまく使い分ける、ウェルバランスな立ち上がりを見せて序盤にいくつかチャンスを作ったが決められず、徐々にミスが増えて全北のペースになりかけたところで2点をポンポンと取った時には、これは鹿島の楽勝になるかと思われた。
しかしそれ以降は、以前から指摘している鹿島のコントロール癖というか、ペースを落として慎重に対処しようという気持ちがプレイに出てしまう傾向が出てしまい、鹿島のDFが相手の前線を置き去りにしてラインを上がることが出来ず、相手ボールに対してズルズルとラインが下がってセカンドボールを支配され、後半途中から興梠が下がると全くカウンターのチャンスすら作り出すことが出来なくなってしまった。
連戦の疲れというものもあるんだろうが、小笠原と中田のボランチが後半になるとほとんどプレスをかけられなくなって、中盤でのボールコントロールもままならなかったのは、W杯を狙う選手としては物足りないプレイになってしまったと言える。
さて、これで鹿島のベスト16は予想通り、浦項との監督兄弟ダービーとなった。広島との試合を見る限りでは全北ほどの強さは浦項には無く、鹿島の優位は揺るぎそうにないが、今までの結果を見るまでも無く、そういう時ほど罠が待ち構えているのがサッカーと言うもの。とりあえずはメンバーとコンディションをきっちり整える事だろう。
オリヴェイラ監督には是非ともACLでも結果を出して、ブッフバルト次期日本代表監督というたわけた噂を一掃して欲しいところである。ってのは今の協会に対しては極めて淡い期待だけど(涙)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする