「お話になりません」J1第8節 川崎-神戸(3-0)

結果だけを見れば川崎の快勝なんだけど、川崎の出来がどうこうと言うよりも神戸の守備のひどさが目に余ってしまったね。
三浦監督のサッカーは典型的な4-4-2のゾーンディフェンスなんだけど、ゾーンを作るのはいいけどそこからマンマークへと移行する場面での動きと判断がバラバラで、1点目のPKはアタックに行ったところを簡単に1対1で交わされ、カバーが遅れてPA内で足を出してしまってPK、黒津の得点も4人がワラワラとボールにつられてそこを抜けられたら誰もいないといった有様で、ここまでひどいディフェンスは久々に見たような気がした(笑)。
攻撃でも、ボッティを使わないおかげで中盤でボールが収められず、パターンはロングボール一辺倒。それでも、都倉の高さとフィジカル、小川のスピードとテクニックで前半はそれなりに危険な場面を作り出してはいたのだが、後半になって怪我の都倉を下げたらほとんど形が作れなくなってしまった。
大久保がフェイスガード付きとは言え復帰したのは神戸にとって良いニュースだが、ちょっとそれ以外の部分が悪すぎて光明が見えないねえ・・・残念ながら、山内氏が書いているように今年は相当な降格のピンチではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする