「怪我の功名、宇佐美覚醒」ACL2010グループG ガンバ大阪-水原三星(2-1)

レギュラーから5人が欠場して、まさに総二軍状態での出場と大ピンチになってしまったガンバだったが、今や遠藤に代わるエースとなりつつある二川と、新しいスターへの階段を登りつつある宇佐美の2得点で、首位の水原を破る殊勲を挙げるという、選手層が厚そうで薄いガンバにとっては、まさに怪我の功名と呼べる勝利となった。
前半と後半の序盤は、水原がラインを上げて前から激しいプレスをかけて来たところは、広島に対する山東の姿勢と同じではあったが、ボールを大きく蹴り出すところとつなぐところを使い分け、つないで苦しくなった場面でも、上手く相手に体を預けたり姿勢を入れ替えてからボールを受けてファールをもらったりで、足が止まりだしてから危ないミスを作りまくった広島とは、経験の差を見せる落ち着きが守備陣にあった。
それでも後半の水原の勢いに負けて、ガンバはセットプレイから先制点を許してしまったが、先制点後には守備を固めてきた水原に対し、ガンバの若手攻撃陣が臆することなくドリブルやワンツーといった積極的な仕掛け、数的優位を作るフリーランを続けた事が、二川の同点ゴール、そしてロスタイムが尽きるギリギリの時間に、右からのクロスに対してピッポばりの飛び込みで決めた、まさに劇的と言うしかない宇佐美の逆転ゴールにつなげられたように思う。
ただ、大塚に代えて佐々木を投入したのはいいが、彼の動きが裏に抜けるだけの単調な動きになってしまい、縦へのパスがカットされてロングボールを放り込まれた苦しい場面を作ってしまったのは、采配として裏目に出てしまうところだったけどね。そういう面でも、ガンバには運もあった。
この試合で1得点1アシストの宇佐美だが、今まではガンバのベテランに対して遠慮したようなプレイを見せていた事が多かったが、この試合では動き出しの良い大塚との2トップだった事もあってか、狭いスペースでも絶妙のボールタッチとドリブルで切れ込んでいった思い切りがあり、二川の得点もその切り崩しから生まれた得点だったし、攻撃陣を引っ張る原動力となっていた。まだまだ韓国の選手とは胸板の厚さも違うし、フィジカルで負ける事も多々あるが、し合い毎に良くなっていっているのは確かなので、このまま使い続けて欲しいところだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする