「不運だけど自滅」ACL2010グループE メルボルン・ビクトリー-川崎フロンターレ(1-0)

相手のPKは厳しすぎる判定の上にそもそもエリアの外、メルボルンDFマスカットのひじ打ちは全てスルー、相手のGKが超あたりまくりで3点は損をしたという、川崎のACLを象徴するかのような不運がトリプルパンチでやって来たのは確かだが、川崎にも問題が無いわけではなかったかな。
オージーボール兼用スタジアムのせいかメルボルンの芝が非常に深く、ミドルシュートはことごとく宇宙開発となり、クロスもマイナスの方向に飛びにくくなってしまい、相手がサイドを高くして出来たスペースを前半のうちに何度もえぐりながら、結局そこで点を入れられなかったことが響いてしまった。
そして今期の川崎の欠点でもある、運動量の低下が前半の終わりごろから始まり、後半になってメルボルンが前線に3枚残して4枚のDFの間を攻める形を取り始めると、川崎のDFラインが上げられずに前半のようなボール奪取が出来なくなり、リズムが悪くなったところで失点してしまうという、まずい試合運びの典型になった感じ。
川崎はテセがラフプレイで出場停止になったために、若い登里が3トップの一角として先発、その後も良い活躍を見せた楠神を投入するなどしたが、やはり芝の状態と相手のフィジカルに戸惑う場面が多く、こういう試合で何かを成し遂げるには経験が足りないのは否めなかった。
幸い、北京対城南は城南が勝利したために、川崎とメルボルンにはまだ自力でグループリーグを突破する可能性が残されている。川崎とメルボルンの次はともにホームだし、城南がリーグ突破を決めたのでもしかすると川崎戦にはメンバーを落としてくるかもしれない。そしてメルボルンと川崎が勝てば、得失点差を考えれば北京に勝ちさえすれば良くなるのだから、決して低い可能性ではない。まずはしっかり城南戦への準備をする事だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする