「何故かアジアでは堅実」ACLグループG 水原三星-ガンバ大阪(0-0)

ガンバは、シーズン初戦でいきなりグループ最大のライバルである水原とのアウェイ戦という難関を迎えたが、何故かアジアでは堅実さを見せるガンバがここでもしっかり勝ち点1をゲットする、まずまずの滑り出し。
ガンバがアジアで好成績を残す事ができるのは、相手のプレッシャーがあってもパスワークでプレスが薄い位置まで確実につなげる事が出来る点で、フィジカルに勝る相手だととたんに慌ててバックパスをするか蹴り出してしまう他のJチームとは明らかに違うと言えよう。
そして、どこぞの代表とは違って遠藤と二川の縦パスホットラインが冴え渡り、水原相手に5度の決定機を作ったところはさすが外弁慶の面目躍如だった。つーか、平井や橋本はあれだけの超決定機は決めなきゃいかんだろ(笑)。
ただ守備面で言えば、無失点に終わったのはこの日当たりまくっていた藤ヶ谷のおかげであり、高木は昨シーズンを考えたらまずまず安定したとは言え、安田は相変わらずいい攻め上がりからのクロスを見せたと思えば次の瞬間にはボールを失ったりしているし、遠藤は攻撃面ではともかく守備はザル状態だったし、加地もまだ本調子でないのか存在感が薄かった。
まあ、この試合の前にも試合中にも、ガンバには怪我が続出してレギュラーCBが2人ともいなくなり、さらには3人の交代枠を使い切った後に明神が怪我をして動けなくなって実質10人での戦いを強いられた事を考えれば良くやったというべきだろう。その副産物として平井や菅沼、そして宇佐美といった若手も経験を多少は積めた。とは言え、下平や佐々木、武井もレギュラーには定着していないし、今年は誰かがブレイクしないとJでもACLでも厳しいかも。
その注目の宇佐美については、オフザボールや守備のチェイシングはまだ物足りない感じなので、先発で使われるのはまだまだという感じ。先発した平井はシュートに落ち着きが出るようになれば今後面白い存在になると思った。
しかしこのグループは河南とアームドフォーシズもドローで引き分けているようだし、意外と混戦になるのかも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする