「ホン・ミョンボと旅人君」U-20親善試合 韓国-日本(1-2)

スカパーのフジ(以前は739とか呼んでたけど、今はONE・TWO・NEXTになってしまったので略して書きにくい(笑))にせっかく入ったので、昨日は時期遅れだけど、12月に行われたU-20日韓戦の試合を遅ればせながら観戦。。
結果としては途中出場の山田直が挙げた2得点で日本が逆転勝ちしたのだが、内容自体はスポナビやスポルティバのレポートにも書かれているとおり、残念ながら韓国が日本を圧倒していた。
特に前半は日本のシュートがたったの1本で、日本はパスをつないで崩そうと言う姿勢はいいのだけれど、1トップの大迫がポストプレイで完敗していたのを始めとして、韓国の寄せの速さと厳しさにまともにボールキープが出来ず、結局は逃げの横パスなどからミスをしては攻め込まれる悪循環。守備でも韓国選手の強引なドリブル突破を止められず、GK権田の奮闘が無ければ1年前の再現に終わっていた可能性もあった。
A代表でもそうですが、特に前線でしっかりボールキープ出来る人材がいないと、相手に押されている時に持ちこたえられないんだよね。日本は山田直が入って少し中盤でボールを持てるようになりはしたけど、彼もA代表の中盤と同じで足元に収めてナンボの選手なので、ガツガツ当たりに来る相手に対してボールがキープ出来るわけじゃないし。
ただ、韓国はW-20W杯でベスト8に入った黄金世代で、日本は監督が変わってすぐの急造チーム、判定はあからさまな韓国寄りだった事を考えれば、1年前に0-3で惨敗した相手に内容はともかくとして勝てた事は、メンタルに多々問題がある日本の若手にとっては切り替えられるきっかけになったとポジティブに考えておこう。
でもU-20の監督がホンミョンボっていいよなあ・・・日本で言うと、旅人君が監督になっているようなもんだし。それに対してこっちは西村監督、岡田総監督のドメスティックコンビだしね・・・それだけでも、韓国とは大きな差があるよなあ(苦笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする