「現代サッカーはボランチで決まる」 関西大学第一-青森山田(2-2PK2-3)

ようやくもう一方の準決勝を見た。
関大の準々決勝を見て、フィジカルと運動量に優れた穴の無い好チームだなと思ったのだが、青森山田のボランチコンビ、柴崎と椎名の存在が決定的な差になっていたなという感じ。ゲームメイクが出来て点も取れ、コロコロPK(笑)の柴崎君が遠藤だとすると、神出鬼没の椎名君はさしずめ二川というところか。
関大は、序盤はまだ青森山田が関大のフィジカルとスピードに戸惑っていた部分があっただけに、その時の決定機に点が取れなかったのが痛かったね。それでも、後半ロスタイム直前から2点を取って同点に追いついたのはさすがだった。
今日はいよいよ高校選手権の決勝だけれど、中盤と組織力の青森山田と、個の力の山梨学院という分かりやすい構図になった印象。青森山田が技術で一歩抜けてるとは思うけど、関大相手にも最後は運動量が落ちて追いつかれたという、らしい弱点を持っているだけに、最後まで展開がもつれると山梨が有利かもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする