大分の倒産が目前?

皆様、メリークリスマス。
他の季節にも書いてるかもしれないですが(笑)、この時期はサッカーファンにとっては1年で一番ヒマな時期で、海外も中村が干されてる状態なので見るべき試合もなく、WOWOWは今や映画専門になってしまいました・・・タイタニック、久々に見て面白かったけど(笑)。
どっかのチームのサポーターと言うよりは、Jリーグ全体のサポーターである私にとって、試合以外で今一番関心があるのがトリニータの経営危機の問題なのですが、どうも再建計画がリーグ側にダメ出しをされてしまって、2億5千万円分の追加融資は行使されないみたいですね・・・月末に発生する給料などの人件費は、地元金融機関からのつなぎ融資で乗り切るそうで、まあ見事な自転車操業ですなあ。
そもそも来期の計画でシーズンチケットが今シーズンの1.5倍、LED看板導入で3.6億から6.6億へのスポンサー収入増加ってのはそりゃあまりにも無理があるっつーもんですわ。
県知事がトリニータの件でJ事務局を訪れているように、つなぎ融資に関しては暗に県の保証がされているでしょうし、既にこの問題は政治的な解決の方向で進んでいるので、いきなり資金繰りがショートして倒産、という事は無さそうですが、結局経営人事や財政が行政とズブズブになってしまい、それまでの経営責任や具体的な財務内容がうやむやにされてしまう危険性がありますよね。
まあ、幸い大分は良いスタジアムはあるし、ユースの育成手腕は優秀。来期以降は多少は減るでしょうが動員成績はJの中でも多いほうですし、貧しくてもクリーンな組織で再出発して、県民の信頼を取り戻して欲しいものですなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする