「これをやってりゃ降格は無かったかも」J1第32節 大分-川崎(1-0)

柏に続いて、こういうサッカーがもっと早くに出来ていれば、と言いたくなるような試合だったね(笑)。
今までは引きこもり守備のカバーに汲々としてカウンターの場面でもなかなか攻めあがれなかった大分が、この試合では比較的高い位置からコンパクトなプレスを仕掛け、ボールを奪ったら金崎とフェルナンジーニョが思い切りの良い飛び出しで川崎のサイドを切り裂き、決勝点も森がボールを奪われたところを金崎に拾われ、最後にフェルナンジーニョが決めるというそのまんまの形になった。
川崎は、前線にスペースが無いと3トップのコンビが無くなって個人勝負に走ってしまう罠にまたもや嵌ってしまい、今回は中村がボランチの位置に入ってはいたが、スペースが作れない前線と分断されてしまい、サイドも大分の活発なサイド攻撃に押されて存在感を出せず、有効なパスをなかなか前線に供給する事ができなかった。
後半の終わりごろになって、ようやく大分の運動量が落ちて川崎が大攻勢に出はしたが、大分GK西川のナイスセーブを筆頭に、大分は最後まで守備の集中力を切らさず、リーグ首位と最下位という順位とは正反対の内容と結果に終わった。
川崎はこれで鹿島に再び首位を奪われ、自力での優勝も消滅。鹿島がガンバと浦和との対決を残しているので、まだ優勝の可能性は比較的残っているが、最終戦の柏が残留の可能性を残した状態になっていると足元をすくわれるかもしれない。つーかそれ以前に、W杯出場権を取ったチョン・テセや代表常連の中村などがいての、この勝負弱さは何なんだろうね・・・
大分はこのサッカーがJ2で出来るなら来期の展望は明るいだろうけど、果たして来期の資金計画がどうなるか。戦力うんぬんよりもまずチームの存続が先に来てしまうぐらいの危機なので、とりあえずサポーターに出来る事は推移を見守る事だけってのが切ないねえ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする