「ポゼッションの差」J1第32節 清水-ガンバ大阪(0-2)

今日は朝から出かける用事があるので簡単に。
J1優勝争いを占う上で重要な対戦となった試合で、さすがに両チームともに攻め合うというよりは守備の仕合といった内容になったが、こういう形になると物を言うのは、決定力はもちろんだがポゼッション能力もそうなんだなと思わされた。
ガンバは清水の分厚い守りにも丁寧にパスを通してゴール前まで運ぶことが出来、そうなるとちょっとした相手の隙やミスで得点出来る機会が増えるわけで、ワンチャンスから反転シュートを決めたルーカスや、清水GK西部のファンブルを押し込んだチョジェジンの2点目も、単なる運だけの得点ではない。
清水はガンバの精度の高いパス回しに高い位置からボールを奪うことがなかなか出来ず、後半開始直後は攻勢を仕掛けはしたが、そこをガンバにしのがれると後はズルズルとガンバのペースに持ち込まれて完敗。浦和が今節勝利を挙げてしまったので、リーグでのACL出場権も失う悔しい敗戦になってしまった。
さて、来週はいよいよ鹿島とガンバの直接対決、しかも得失点差でガンバが上回っているので、ガンバが勝てば限りなく優勝に近づく大一番。この試合も緊張感があって楽しかったけど、来週も楽しみだね。是非またNHKでやって欲しいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする