しかし名古屋は後半20分から5失点ですか・・・

ええ、試合を見るより先に結果を知ってしまいましたよ・・・さすがにこの結果で試合をじっくり見て戦評書くほどマゾではないので、今日のうちにエントリーを書いてしまいます(笑)。
まあ、全ては前半早々に竹内がレッドカードをもらってしまった事に尽きるでしょうな。ホームで圧倒的に強くて、攻撃力ではアジア最強と目されていたアル・イテハドには、第1戦のアウェイできっちり守ってホームで勝負、というのが常識的な戦略なのですが、CBのサブが退場した上にそれがほぼ全時間10人になってしまったのではどうしようもありません。
それでもまだ4-2なら何とかなったかもしれませんが、ロスタイムにさらに2点追加されてしまったのはまずいですよねえ・・・肝心なところに来て、選手とピクシーの経験不足が出てしまったという感じでしょうか。
しかしまだあきらめるには早いです。アル・イテハドも4点差という事で必ず第2戦では気を抜くだろうし、前半のうちに名古屋が2点返せば一気に試合の流れが傾きますからね。アル・イテハドが25分で5点取るなら、名古屋も90分で4点取れるはずですよ、多分(笑)。
今度こそ、本当のピクシーマジックを見せてもらいたいものですな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする