「浪速のジダン」J1第28節 G大阪-大宮(4-1)

気が付いたら、ACLも絶望から一気に優勝争いまで浮上してきてしまったガンバ。
何故突然ここ12試合で1敗という絶好調状態になったのかと思いながら試合を見たのだが、すぐにその理由が分かってしまった。とにかく、二川が今まで見た事がないぐらいに恐ろしくキレキレ状態になっていたのだ。
組織的なハードワークとカウンターが武器の大宮は、前回の対戦でも負けているようにパスを回すガンバにとっては非常に相性の悪い相手で、この試合でもガンバがボールを保持するものの、常に守備で数的優位を崩さない大宮に封じられ、逆にセットプレイでのオフサイド崩れから先制点を与えてしまうという、まさに大宮の思い通りの展開に。
しかしそのガンバを救ったのは、前半から鋭いドリブルとアイデアで一人気を吐いていた二川。大宮CKからのロングボールを柔らかいトラップで止め、そのまま自分の背後へと浮き球を送るとそれがペドロの足元へと納まり、ペドロは難なくこれをゴール。まるでジダンを思わせるような華麗なテクニックとアイデアはまさに鳥肌物だった。
そして2点目も、ハーフカウンターから右のサイドを駆け上がり、波戸が滑ったラッキーもあったが橋本に折り返しのアシストを決めるという完璧なMOM級の働きで、この試合だけを見るならば、遠藤や橋本よりも代表に選ばれるべき活躍ぶりだった。つーか、この働きが毎試合続くなら、いかに岡ちゃんの目が節穴でも呼ばざるを得ない日が来るだろう。
大宮はガンバに一気の逆転を食らってからは、運動量が落ちてミスも増えてずるずる失点を重ねてしまったが、前半はラファエルのキープを中心に、SHが素早くサイドへ飛び出すコレクティブカウンターのお手本のような動きでガンバに良く対抗していた。それだけに、同点場面でのマイボールCKに集中を切らしてしまったのがもったいなかった。ここからまだ上位対決が3戦続くが、連敗だけは避けたいところだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする